スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひこうせんカフェ」MENUE No.0005

MENUE No.0005
BILLY JOEL ~Leave a Tender Moment Alone


どうも!「ひこうせんカフェ」マスターのRinsukeです。

今回お送りするのは、オイラが大好きなBILLY JOEL。

1971年にアルバム「コールド・スプリング・ハーバー」でソロデビュー。
泣かず飛ばずの極貧生活を送っていたなか、ニューヨークを離れハリウッドへ。
バーのピアノ弾き時代に作った楽曲が口コミでヒットした。
それが代表曲「ピアノマン」。

1973年に作ったアルバムが大ヒットを飛ばす。
アルバムタイトルは「ストレンジャー」。
そのアルバムに収録されている「素顔のままで」が、その年のグラーミー賞を
獲得し、BILLY JOELを一気にスターへと押し上げました。

今回お届けするのは、アルバム「イノセントマン」からの1曲。

心優しいハーモニカの音色とビリーの歌声がマッチしていて聴きやすい曲です。

コーヒータイムの1曲にいかがでしょう。

ではお聴きください。

BILLY JOELでLeave a Tender Moment Alone

ライブ映像でどうぞ。

[広告] VPS
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

歌声もさることながらハーモニカの音色イイですよねぇ。
これはクロマチック・ハーモニカかなきっと。
私も昔テンホールズ(長渕剛が使っているものです)というハーモニカを吹いていたので懐かしくなりました。
いい曲をまた選んで聞かせてください。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
リンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。