スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ1/20 Ferrari F187/88C

Heavenly Miracle ~天国が呼んだ奇跡~
マクラ-レン退屈症候群と呼ばれた1988年のF-1グランプリ。
前年の1987年鈴鹿GP、オ-ストラリアGPと2連勝を飾ったフェラ-リは、絶対的な強さのマクラ-レンとは違い1988年は不調だった。ベルガ-自身「今年の勝利はありえない」と語っていた。
しかし.....奇跡は起きた。
1988年9月11日、F-1グランプリ第12戦 イタリア。
マクラ-レンのA.プロストは、スタ-ト直後にミスファイアを起こして早々とリタイア。そして最終8ラップ、トップを独走していたA.セナはマンセルの代役で出走したウイリアムズのJ.ルイ・シュレッサ-と接触。まさかのリタイアである。
マクラ-レン16戦全勝という夢の幕切れであった。
そして毎ラップごとにセナとのタイムを縮めてきたフェラ-リのベルガ-、アルボレ-トが1-2フィニッシュ。エンツェがこの世を去って28週目。
エンツォの追悼レ-スで彼の愛弟子達はイタリアの英雄となり、その日のモンツァは真っ赤に染まった....。

そして....マクラ-レンの全勝を阻んだJ.ルイ・シュレッサ-も、この日イタリアの英雄となったのである。

先週の2/1(月)、仕事から早めに帰ってこれたのでてづかへGO!!
店長、何やらコンペ作品の製作で寝不足みたいでテンションがメチャ高くて語る語る!..(笑)
店長.....ちゃんと寝た方がいいよ。

やっと買いました!っていうかやっと買えました!
フジミの1/20 Ferrari F187/88C。
歴代のマシンの中で、やっぱりこれが好きですねぇ。
1987年、1988年と鈴鹿のピットで実車をこの目で見てきてますから、自分自身思い入れがあるんですよ。
特にF187なんか初めて行った'87年の鈴鹿GPで目の前で優勝してるしさ。
f18788c001.jpg

前年のマシンのF187とF187/88Cは基本的にデザインは変わりません。
F187のバ-ジョンアップ版がF187/88Cで、あえてモディファイされた部分というのは...長くなるので今回はあえて書きません....(^^;;

モノコック部分の形状もいい感じです。ちょっとラインがかたいかなァ。
f18788c002.jpg

今回のMG誌でも作例が掲載されていましたが、フジミのインストを見て「???」と思ったのがフロントに付くアンテナ。パ-ツE16ですが、インストでは「艶消しブラック」の塗装指示になってますが、実車はボディ色になり先っちょのアンテナ部はシルバ-になります。
ちなみに'87年型のF187ではこのパ-ツは付かず、普通のアンテナになります。
f18788c016.jpg

MG誌でも書いてましたが、リアのカウルのモ-ルドに'87年型のシュノ-ケル用のモ-ルドが....。
f18788c003.jpg 
'87年型のF187のシュノ-ケル形状は下の画像のようになります。
f18788cetc004.jpg
ということは....F-187の発売も想定されているのか?
でも、リアのディフュ-ザ-、フロントウイングのマウント位置、そして'87年の195Lから'88年の150Lへと燃料搭載量が変わってますし、実際中身は相当違うんですよね。


'88年の特徴、ポップ・オブ・バルブ。
リアのカウルを開口しなゃならん....。
f18788c004.jpg

で、パ-ツはこれ。
カウルに接着するようになってるんだけど....これ、エンジンにつけなきゃ意味ないっしょ。
プロポ-ション・モデルとして完成させるなら別だけどね。
f18788c005.jpg  f18788cetc001.jpg

さて、ホイ-ルです。
1988年のF187/88Cのホイ-ルはリムがポリッシュされたピカピカホイ-ル。
センタ-が黒塗装です。
f18788c006.jpg  f18788cetc003.jpg

次はタイヤ。
マクラ-レンMP4/6の時は、あまりのサイズ違いに唖然としましたねぇ。
フェラ-リ641/2の時は大丈夫だったのに.....。
で、今回も気になって見てみました。
f18788c007.jpg

リアタイヤ(右:フジミ、左:タミヤ)
f18788c008.jpg

フロントタイヤ(右:フジミ、左:タミヤ)

若干フジミの外形が大きい感じですが問題なし。トレッドの太さも両者ともに差異はないように見えました。

このフジミのF187/88C、リアのディフュ-ザ-形状(大きく跳ね上がっている)も再現されているし、リサ-チは充分されているキットです。でも、デカ-ルに一部不足があったり(タミヤから持ってくれば問題ないけど)で不満感は残ります。
でも、今までメタルやレジンキット、プラモでも1/24のプロタ-やグンゼのモ-タ-ライズしかなかったですからね。1/20として形にしてくれたことだけで感謝なキットですよ。

そして、これは別に買わなくてもいい!
とK坂1号さんにも断言してたのですが...........。

買っちゃいました(笑)エッチングパ-ツ。
f18788c009.jpg

買ったのには意味がありまして。
フロントのサスペンションの基部がキットではモ-ルドされていないんですよ。
完成後これだけは目立ちますからねぇ。
f18788c010.jpg

それと、実はこれが欲しかったから買ったわけです。
ラジエタ-用のテンプレ-ト。
'85年のF156からサイドラジエタ-にこのようなテンプレ-ト吹きがあって、これが完成品として見た時に大きなポイントとなるんです。キットのデカ-ルには入ってないし...。
f18788c011.jpg
f18788c012.jpg

コクピットのスイッチ類も再現できます。
f18788c013.jpg


で、ちょっと驚いたのがこのエッチング。
"Setrab"と刻印されたこれって......。
f18788c014.jpg

やっぱりこれでした。
フジミさん...っていうかこのKAモデルズ、良く調べたよなぁ。
f18788c015.jpg

でもねぇ、キットとこのフジミ用のエッチングを買うと合計6,900円(定価で)。てづかで2割り引き!だったから買ったんだけど、それでも高いよねぇ。でも、エッチングのコストパフォ-マンスは高そうなので、これは買っておいても損はしないよ!このフジミ用のエッチング、結構な情報量がつまってるし。
多分後発でSTUDIO 27さんあたりでも発売するかと思いますが、こだわる方であればこのエッチングとST-27さんのエッチングのいいとこ取りで製作しても面白いかなと。


僕のライブラリ-からこんな写真が....。
リタイアしたプロスト。
ゴ-ル後のピケに乗せてもらいピットまで帰る...。
今ぢゃぁこんなことやったら罰金ものですが、当時は良くこんな光景を見ましたねぇ。
考えると良き時代だったかなぁと。
f18788cetc005.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

またまた

Rinsukeさんこんばんは。
またまた自分で課題増やしちゃって~!
自分も制作中が増えつつあるんで気をつけよう!

それはさておき、この度ブログを始めたんで
よろしかったら覗いてみてやってくださいな。

ということで今後もよろしくです。
リンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。