スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう9月ですねぇ.......

模型としてのイベントは、HMEも終了して全て終わったかなァってとこですね。
あとは個人的にMPMCさんや普段交流のあるクラブの展示会におじゃまするくらいっすかねぇ....。

どうもっ!Rinsukeです。

あと4ヶ月もすれば今年も終わっちゃうんですねぇ.....早いなァ。
よく「Rinsukeちゃん、40過ぎたら1年なんてあっというまだよ!」なんて言われましたけど、ホントその通りですわ。

そんな2009年。今年最大のNEWSって、やっぱあの人の死でしょうね。
KING OF POPSことマイケル・ジャクソンの死亡。
ショックだったなぁ.....。オイラの青春時代の光がまた消えたなって思ったね。
オイラ自身、小さい頃からモ-タウンの音楽が大好きで、小学生の頃は親戚の叔父から録音してもらったテ-プを聴きまくってました。
シュ-プリ-ムス、テンプテ-ションズ、マ-ビン・ゲイ、そしてジャクソンファイブetc......。
モ-タウン以外でも洋楽は好きだったんで、本当に大学に入学するまでは洋楽ばっかり聴いてましたよ。
モ-タウンでは特にマ-ビン・ゲイが好きでねぇ....彼の「What's Going On」を初めて聴いたときは凄く感動したなぁ。この「Wha's Going On」がリリ-スされたのは1971年なんですが、この1971年っていう年は世界の音楽業界で「名曲の宝庫」といわれた年なんです。
言うと「ああぁぁっ、知ってる!」っていうものばかりなんですが、特に有名なのはジョン・レノンの「イマジン」。
ちなみに、オイラの好きなビリ-・ジョエル。彼がソロデビュ-したのが1971年。そして彼自身が成功を収めた出世アルバム「ストレンジャ-」がリリ-スされたのは1977年。ここに収められた「Just the way you are~素顔のままで」がグラミ-賞をとったという。
札幌ド-ムのライブも行ったけど、やっぱ最高です。
「イマジン」もこの「What's Going On」も、リリ-スされた時代背景にはあのベトナム戦争があったんですねぇ。ベトナムでの戦争は次第に泥沼化し、負けるとわかっていてもアメリカは戦地に兵士を送り出す。そんな中アメリカ国内はもとより世界中で反戦運動が湧きあがる。
そこで産まれたのが「What's Going On」。今までモ-タウン独特のブラックミュ-ジックで名声を得たマ-ビンでしたが、自身で大切な女性であるタミ-・ティレルの死、家庭内での不和、兄弟のベトナム戦争への徴兵。それら全てがマ-ビンを圧迫して、マ-ビン自身活動を休止してしまう。
ベトナム戦争、反戦運動、そして黒人の暴動の激化。それらをマ-ビン自身「世の中、一体どうなってしまったんだ?」そんな疑問をメッセ-ジソングとして書いたのが「What's Going On」。歌詞の冒頭で「Mother...Mether...Mother」とか「Father...Father...Father」「Brother...Brother...Brother」と問いかけるんですが。「Mother」「Father」は母親や父親であるアメリカ国家への問いかけであり、「Brother」は同胞達への問いかけ。「What's goin on~♪(What's goin on)」と同じ言葉をコ-ラすと掛け合いながらコ-ル・アンド・アンサ-する。What's going on=どうなってしまったんだい?という題名どおりのメッセ-ジソングである。世界中の音楽に影響を与えた凄くいい曲なんですよ。聴いたことがない!っていうそこのあなた......レンタルして一度聴いてみて♪

そしてこれらに影響されたのが....マイケルジャクソンだったねぇ。
スリラ-が超ミリオンセラ-を記録していた初期の頃は「スリラ-」をはじめ「ビ-ト・イット」「ビリ-・ジ-ン」とかダンスミュ-ジック主体でしたけど、あることがきっかけで彼の音楽は変わっていったような気がします。ちょうどイギリス、すなわちU.K.の音楽界であるユニットが結成。今では懐かしいでしょう「BAND AID」。ワム、U2、スティング、デュランデュランなどU.Kを代表するメンバ-達が集結して世界中の恵まれない子供達を救え!とチャリティ-で結成したユニット。「Do they know it's Chrithmas」が世界中でヒットを飛ばしたよねぇ。そこでアメリカでは....マイケル・ジャクソンとクインシ-・ジョ-ンズとの協力タッグで産声を上げた名曲「We are the World」。ユニットの参加メンバ-もビリ-・ジョエル、レイ・チャ-ルズ、ホブ・ディラン、ティナ・タ-ナ-、ディオンヌ・ワ-ウィック、スティ-ブ・ペリ-等、今となっては殿堂入りみたいな凄いメンバ-達がそろったユニットだったよなぁ。そしてこの曲も世界平和への強いメッセ-ジソングだったねぇ。
そこからかなぁ、マイケルの音楽がどことなくメッセ-ジ性のつよい楽曲へと変化したのは。

彼が「スリラ-」で一躍スタ-ダムに駆け上がった1980年代。今ではス-パ-スタ-といわれるア-ティストがメジャ-デビュ-したよね。マドンナ、シンディ・ロ-パ-、ホイットニ-・ヒュ-ストンetc....。そんな中でもやっぱりマイケルは凄かった。そしてマイケルが世界中のミュ-ジックシ-ンに与えた影響も大きかったのは事実。ム-ウォ-ク....初めて見た時は衝撃だったし。

晩年は奇怪な行動などで話題を振り撒いていたけど、よく「天才は孤独だ」っていうし、人一倍人種の壁に悩んでいた彼だったから(白人になりたい!って整形をはじめたし)、それらのフラストレ-ションがそうさせたのかも知れないなぁ.....本当のことはわからないけどね。

先日、改めて彼の曲を聴いてみた。「ビリ-・ジ-ン」「ビ-ト・イット」大学生の頃の1980年代の記憶が蘇った。この曲をカ-ステレオで聴きながら、友人達と夜の旭川の街を流していたあの頃の記憶。大学祭りのダンスパ-ティ-(当時はダンパって呼んでいた..笑)で踊った時のこと。
音楽って、色々なことを思い出させてくれるアイテムなんだよね。
第2期名曲の宝庫である1980年代を、マイケルの曲も含めた名曲達に囲まれながら、がむしゃらに青春時代を過ごしてきたオイラ達の世代は凄く幸せものだなってつくづく思います。

オイラも音楽が好きで楽器をやり始めて、バンド組んだり、吹奏楽をやったり、いろいろとやってきましたけど、やっぱり音楽っていいですねぇ。
いい音楽を聴きながら模型を作る.......贅沢な時間だなぁ......。

P.S.
先日......大学のOB会がありました。
「伝説の」と呼ばれるプレ-ヤ-が集結。
下っ端はオイラだけ....。
大学生時代に組んでいたバンドのメンバ-達です。
みんなオヤジになったよなぁ......。
2次会ではライブハウス風の飲み屋へGO!!。
すると....いきなりOB達.....即席での即興セッション開始!
ドゥ-ビ-ブラザ-ス、エリック・クラプトンなど、楽譜なしで
の即興ですよ!!
全員プロを目指していただけあってスゲェ!!
そして......オイラも何故か強制参加(笑)
22年振りのステ-ジに....しかし...店のお客は超盛りあがり。
そして22年振りにバンド再結成することに。

その模様はまた次回ね♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。