スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例会報告の前に.....フジミ1/20 Ferrari F1 87/88C

どうもっ♪Rinsukeです。

先日の3月20日はひこうせんの例会でした。
その報告は今編集中なのでちょっと待ってねぇ。

先日の例会は、K坂1号さんと帯広からご参加のITOさん、2人でフェラ-リのF-1祭り
やってたねぇ(笑)。

僕も「例会に持って行く!」っていうフェラ-リ.....忘れちゃったです(^^;;

その僕のフェラ-リですが、以前このBlogでも紹介したフジミの1/20 Ferrari F1 87/88C。

そいつはまだこんな所で全く進展していません....。
f18788c100322001.jpg
ロ-ルバ-下のパ-ツとボディ、接着後に溶きパテを流してある程度スキマを埋めています。実車にもこの分割ラインがあるのですが、模型として考えると完全に埋めて消すか、実車同様にある程度残すが.....迷うところです。


アンダ-トレイのパ-ツでボディ色に塗装する部分を切り離し、それをボディ側に移植です。
サスペンションのロア・ア-ムは中心から切断して固定すれば良し!として移植。
後の加工に備えて、ノ-ズ部分のウイングフラップの接着穴も埋めてしまいました。
f18788c100322003.jpg


どうもキットのノ-ズのラインがもったりとして気にいらない.....。
実車のようにシャキッ!としたラインにしようと、ノ-ズ部分のプラ板を瞬着で固定。
これをガイドにポリパテを盛ってライン修正します。
f18788c100322007.jpg


アンダ-トレイはボディのノ-ズ部分のスジボリ位置に合わせて切断。
これをボディのノ-ズ部分に接着します。
f18788c100322002.jpg


こんな感じ。
実車のノ-ズは一体成形されているので、ノ-ズ下もフェラ-リのレッドに塗装されているんですよ。だからこの加工を行ったっていうわけ。ウイングは中央から分割してノ-ズに差し込んで固定する方法に変更。
f18788c100322004.jpg


そうなると、アンダ-トレイのコクピット付近の収まりが悪く、ペロリン!と外れやすくなりますので、画像のようにプラ板で受けをつけてノ-ズ部分に差し込んで固定することに。
f18788c100322005.jpg  f18788c100322006.jpg


そして、このキットでの課題その1であるエンジン。
仮組みすると......アンダ-トレイからミッション部分がやたらと飛び出る。
仮組みの画像を撮り忘れてしまったので、ネットで見つけた画像拝借(^^;;
2010013123094596e.jpg
ね、こりゃないべさ!って思うっしょ?
だってさ、リアウイングステ-の下にリアランプがくるはずなのに、その更に後方に位置するって....。


ここは意を決してエンジンパ-ツの切断じゃ!
じっくりと他のパ-ツの取りつけ位置などを説明書を見ながら検討して、あまり支障の無い部分で約4mmカット。リアウイングの取りつけ位置も合わせて修正するので、ステ-の取りつけ部も同時にカットしましたよ。
f18788c100322008.jpg


カットして修正したエンジン、仮組みしてアンダ-トレイにセットしてみる。
ん~っ....いい感じになったけど、ちょっと気持ち長によなぁ....まだ。
f18788c100322009.jpg


もう一度違う部分で約3mmほどカットしてみた。そして0.3mmのプラ板を貼り調整しながら接着。アンダ-トレイに再度セットし、カウルもかぶせて見る。
そうよ、そうよ!こんな感じよぉ!
f18788c100322012.jpg

このキット、まだまだやることはあるんだよねぇ。
シ-ト形状の修正、インパネ部のバルクヘッド追加、コクピット開口部の形状修正、サイドカウルの高さ修正..などなど...。消化器も追加してとかね。
しばらくはこんな修正工作に時間がかかりそうだなぁ.....。
あっ、キットはイタリアGP仕様ですが、今回僕は1988年のモナコGPで2位にはいったベルガ-のマシンで作っちゃいますよぉ。だってね、リアカウルのポップオフバルブの穴あけなくていいし、ホイ-ルはモナコでは黒のスピ-ドラインだし。ただリアウイングの翼端板とフラップを作り直せばいいだけなんだもんさぁ。

はぁ....やっぱ素直に70年F-1かレイトンハウスのCG901やってた方がいいみたいだねぇ。

進展したらまた報告しま~す!お楽しみに♪

あっ!例会報告もお楽しみにねぇ♪

冬に逆戻りの旭川だけど、心はHOTにHAPPY MODELING!!!!
スポンサーサイト

祝!!いっしゅぅねえぇぇぇん!

あっ(^^;;....どうも、Rinsukeです。

何が祝!かって?

それがさぁ、今月の28日でこの「ひこうせん」Blogが1周年だべさぁ。

すごくない?すごくない?

ね、なまらすごいっしょ?

ホント、読んでいただいている皆さんのおかげでこのBlogが1周年を迎えました。
皆さんありがとうございまぁ~す!!

この調子でBlogがめでたく50周年を迎えたら、皆でパァ~ッ!!と派手に祝おうね!!

.....って...その時皆まだ生きてるか?

悪魔のパ-ツ....??

先日、海外の知人からE-Mailが。
「今製作中の模型だよん!」ってな感じ。
添付の画像を見ると、NASCARを製作中でした。
2003_45_garfield_1.jpg

これがその画像。「ショップのHPにも載せてるから見てね♪」でしたが....いやぁ、このデカ-ル欲しかったんだよねぇ。
2004年のインディアナポリスで開催された「NASCAR ブリックヤ-ド400」。これに走ったスペシャルマ-キングなんだけど、フ-ドのガ-フィ-ルドと何とも「トトロ」の猫バスみたいなフロントマスクがいいっしょ?
w0322em6299d.jpg  w0322em6126d.jpg
でもねぇ、このデカ-ルは限定プリントだったんだよなぁ.....。

ダメもとで京都在住のBADGUYZ!(僕のHP)メンバ-にコンタクト。
「ねぇ、ガ-フィ-ルドのデカ-ルって持ってる?」

そしてある日、その京都からメ-ル便到着。
2010031401.jpg

封を開けてみると.......。

2010031402.jpg
ガ-フィ-ルドだぁ♪(*^^*)/~


そしてさらに....何やらケ-スがひとつ......。
2010031405.jpg

何だろか?......。

2010031403.jpg  2010031404.jpg
中には、京都メンバ-のご友人製作のヘッドライト用のリフでした。
もちろん1/24用で、タミヤのザウバ-C9やマツダ787B対応で製作したみたい。
その他使い方によってはポルシェ956や962C、936などのルマンカ-に使えるみたい。
しかし...良くこんなの削り出すよねぇ。
話しを聞くと、6セット製作して嫌になってやめたとか...笑。


さてさて、今年の展示会にむけて本腰を入れないとねぇ。
僕もようやく再開してま~す♪
2010031410.jpg
はい、F-1です。今エンジン部分を組みたて中。
この他にもまだF-1(F187/88C)を製作中ですが、こっちは切った貼ったしてる最中。

最近この「切った貼った」がやけに楽しいんだけど......これって変?


1/32 紫電改計画

どうもっ♪Rinsukeです。

今日は自分のBlog更新したり模型いじってたり.....。

何だか大きいもの作りたいなァってことで、先日S藤1号さんからご提供いただいた1/32 紫電改を仮組してました。

shidenkai00000001.jpg
いやぁ、大きいっすねぇ(^^)
これはSWALLOW MODEL版の1/32紫電改。今では童友舎ブランドで発売されています。
流石に省略されている部分が多い、コクピットもモ-タ-を仕込む関係で上げ底だったりしてますが、今回はもうストレ-ト組みで製作じゃ!

カウルのパ-ツ、ちと合いが悪いなぁ....やっぱり。
カウルフラップのパ-ツも仮組みしたら、ちょっと物足りない感じもするけど....。
そのうちムズムズしてきまして....。

あっ!そうだ!

えっ?Rinsuke....何が「あっ!」なんですかい?



shidenkai00000002.jpg
ギコギコギコ.....。
ちょっと待ってください....ストレ-トで組むんでしょ?

Rinsuke、またまた悪い考えを起こしまして、思いきってカウルを別パ-ツとし、カウルフラップ開状態にしましょうかとカット!!!...笑

shidenkai00000003.jpg
はい!カウル部分の切断終了!(笑)
さぁ、ここからプラ板工作開始じゃ!
機体側にフタをして、カウルの形状を整形作業して、せめて照準器くらいは自作して....。
よからぬ妄想は続くのである.....。

楽しむぞおぉぉっ!!


先日、久々に依頼品を製作してました。
仕事の取引先の社長からの依頼品でして....。

「Rinsukeちゃん、今度ヒコ-キのプラモ作ってくれない?」
「いいですよ、何作ります?」
「ん~っ、今度プラモ送るから。作ってみようと思って昔買ったけどやっぱり無理だった...笑」

ってことで数日後、何と会社に届きましたのよ。
ビジネス便の封筒にはいって「カサカサッ...」なんていっておる...嫌な予感。

さてさて帰宅後、例の封筒を開けてみる。
「はぁ!?...なにこれ....1/72かぁ。」
ランナ-から全て外してあるパ-ツが、何とジップロックの袋に無雑作に入っている....。
インスト無し...デカ-ル無し...どぉすれってぇ!
しかもキットは、買ってもいいが絶対ふれてはならないと感じはじめていた"Airfix"のキットだし。
おまけに何ていうヒコ-キかもわからん。

時は2009年11月中旬。覚悟して製作スタ-ト。
どれがどこに付くパ-ツなのか....パズルのように仮組みと整形の毎日でしたねぇ。
箱絵すらないんだもんさぁ。
機体、主翼はガシガシとペ-パ-でサンディング。そしてスジ彫り。
ピト-管を100均で買った裁縫針の一番細いものに置き換え、機体上部にクリア-ランナ-から削りだしたパトライト追加。フロ-トに自分の釣り道具の中にあった「がん玉」とポリパテを詰めて尻もちを防止。フロントの窓は塩ビ板からヒ-トプレス....などなど地道な自作などの工作が続きました。流石に途中嫌になって、F-1のキットやNASCARのキットを組みだしたり、年末は「ゴクウ」組んで年越ししてみたりしてましたっけ...笑。

問題はスキ-ム。ネットで検索したり、アメリカ在住のネット仲間に製作途中の画像を送って聞いてみたり。そんな中、知人に頼んで一部デカ-ルを作ってもらいました(いつもすまないねぇ...)。機体の白はフィニッシャ-ズのシェルホワイト、ブル-は以前1/43のティレル018(1989年の)を作った時に余っていた自家製調色のブル-。主翼のゴ-ルドのラインはSTUDIO27のデカ-ルを使用。
そしてガイアカラ-のEXクリア-を吹きつけ。このクリア-、結構エッジにしっかりとのってくれるので使いやすいねぇ。いつもソフト99ばかりなんだけど、このガイアのEXクリア-は結構いいぞ!

スピナ-は....アルミ棒からの削り出し。

そして時は2010年2月20日、そう「ひこうせん」例会の当日のお昼に完成。夕方にはゆうパックに乗って嫁いで行きました。今回は取引先の社長からの依頼っていうこともあってボランティア製作。

でも、時間かかったわりにはスジ彫りが太くヨレヨレになってたり、やっぱり「ひこうせん」さんのメンバ-と比べるとまだまだ甘いですねぇ。っていうか、ヒコ-キのプラモは難しいよ....。

airfixfinish0001.jpg
マイアミあたりにありそうな民間チャ-タ-の雰囲気がでてると思うんだけど....。
リンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。