スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOTUS 99Tのお話し

ひこうせんの中で「F-1マシンを作ろう♪」っていう話しが夏頃に湧きあがりまして。
S藤1号さん、S藤2号さん、K坂1号さん、TK橋さんまでも巻きこみ、オイラRinsukeと現在5名での来年のプチテ-マ。
その中で、TK橋さんがLOTUS 99Tを作ろうかって立ちあがり.....(.←オイラ達が勝手に押し付けたんだけど...笑。)
先日の例会でオイラが「LOTUS 99Tってさ、グランプリによってはホイ-ルが前後違うの履いてるんだよねぇ」とちょっぴりイジメてしまったんで(笑)、ここでちょっと優しく解説しときますね。

先に、もし99Tを日本GP仕様にしたいわ♪って思ったら......まずはやめましょう。コクピットの開口部、それに伴うリアに向かうプレスラインの変更、サイドポンツ-ンの高さ変更、ノ-ズ周りのライン変更やリアウイングとそのマウント方法の変更とディフュ-ザ-周辺等などタミヤのキット大改造になります。素直にキットを組んだ方がいいですよ。
旧版のキットはRd.1 ブラジルGPからRd.3 ベルギ-GPあたりのタイプをモデル化しているんですが、この3戦とも前後ウイングなどの大きな変更はありません。
リニュ-アル版のキットはRd.6 フランスGPとRd.7 イギリスGPに対応しています。ただ、きちんと再現しようとするなら、フランスGPではタ-ボダクト(シュノ-ケル)の位置がキットよりも前方に変更されてるので修正が必要。シュノ-ケルの形状もキットの垂直型からウイリアムズFW11Bのような前方に向かってRのついた形状になってます。イギリスGPでは、セナと中嶋ではリアウイングのマウント方法が違います。キットで再現するなら中嶋のマシンでGO!!です。ちなみにセナ車のリアウイングは一番下のロアウイングでマウントされてます。ちょっとした修正で終わるけどね。

ちなみにRd.4 モナコ、Rd5 デトロイトのセナ優勝車となると、キットのフロントとリアの翼端板の形状がキットとは違うし、更に中嶋とセナとでリアの翼端板の形状が両者とも違う。またタ-ボダクトの位置もセナと中嶋では両者とも違いシュノ-ケルダクトの形状も違うという........。
これはSTUDIO 27からモナコGP・デトロイトGPへ改造するトランスキットが出てました。6000円オ-バ-と高いのが.....。オイラ持ってますが、99Tのキット

シ-ト位置、中嶋車はヘッドレストが付きますね。それはセナに比べて中嶋の身長が低いでしょ。だからシ-ト位置を前方に移動させてヘッドレストで頭部をサポ-トさせている。ここもポイントかなぁ。ヘッドレストに合わせてシ-トを移動。出来た隙間はプラ板・パテ等で埋めて整形。結構ガンプラ作っている人ってこういう工作が上手いんだよねぇ。

あっ、ホイ-ルの話し。
中嶋車で作るのであれば、キットのままのダイマグホイ-ルでOKです。先の「前後で違う」っていうのはセナ車のみで、当時のVTRを見たらフロントがダイマグ、リアがOZのイエロ-リボンじゃないの?みたいなのが確認できたんですわ。
そうそう、F-1もそうだけど、ホイ-ルのセンタ-ロック、右レッドに左ブル-に塗る人がいますけど、当時の99Tは塗ってないので塗ってはだめですよ~♪ちなみに87年当時はウイリアムズのFW11Bだけかなぁ塗ってたのは。

ボディ色のキャメルイエロ-、87年の鈴鹿のピットで実際に見たんですけど、実車はタミヤの缶スプレ-よりもちょっと明るいイエロ-。Mrカラ-の黄燈色ベ-スに...何番だっけ...特色のイエロ-で調色。黄燈色は隠ぺい力があるので、下地はグレ-サフのままそのイエロ-を塗装すると.....いい感じのイエロ-になりますの。

もし資料が必要ならお貸ししますよ.......TK橋さん♪
エンジンのパイピング、ホイ-ルのセンタ-ロックの形状ちゃんと載ってるし♪
以前モデグラで特集やってましたから、それだけでもいい資料になるかと。
あれっ....オイラその本(モデグラ)どこ片付けたっけ........。
細かい事は今度の例会で教えますね♪

番外編
もし、タミヤ1/20ベネトンのB188を作ろうと思っているあなた。
キットのリアカウル、丁度後ろ端部がシャ-シに向かって塞ぐような形状になってるでしょ?あれはプレゼンテ-ション仕様のカウルで、実戦ではフロント方向にRを描きながら開口されていますの。画像で教えられればいいんだけどねぇ。

ん~っ、またまた長くなっちまった.....。
それではみなさん.......Happy Modeling!!!!
スポンサーサイト

例会報告2009.09.19

ハイ!エブリバディ!
ひこうせん例会報告ナビゲ-タ-のD.J.Rinsukeです♪
ひさびさに例会っすよぉ。
北のモデラ-ズも終わり、AFVの会もHMEも終わり、今年のイベントは全て終了ということで、今回は特に議題もなく終始「魅惑のフリ-タイム」で行いましたよぉ。
製作途中の作品持ってきたり、お気に入りのキットを持ってきたりでね。

それでは、画像もちょっとだけ撮りましたんで、いってみましょう!

P1010131001.jpg

N根氏作。
こうしてみると現用もカッコいいっすよねぇ。実際にみると、この白塗装が微妙な色合いなんですが、画像で表現できないのが........。


P1010132001.jpg

D場氏作。
いやいや....この展示、結構斬新っすよ。


P1010133001.jpg

D場氏至高のお宝登場!!
ファインモ-ルド 鈴木社長自筆サイン入りの「五式犬エコバッグ」。


P1010134001.jpg

オイラにとっては伝説のモデラ- Chyu嶋氏作。


P1010136001.jpg
P1010137001.jpg

K坂1号氏の1/100 MG グフ。
いやぁ、気合はいってますわぁ。特に鋳造表現を各所に施してるんですが、画像でわかります?

P1010138001.jpg

TK橋さんのボ-ル。
何と2日でできたんですと.....。この後、何とあのS.W.に出てきたタイファイタ-に変形してました(笑)あまりにも大ウケしているうちに..画像撮り忘れです。


P1010140001.jpg
P1010141001.jpg
P1010142001.jpg
P1010143001.jpg

D場氏の作。
上はイタレリ+ショ-モデリングのBMW。
オイラ、ライオンロアだとてっきり思ってしまいました。それだけ手がはいってるんです。
下のフィギュア、タミヤ1/48のヒュ-ズ(民間型)用に作り起こしているものだって....。


P1010150001.jpg
P1010152001.jpg

模型の電飾職人 I藤氏のマシ-ネン。こっそり隠れたところで例の光物が........。


P1010154001.jpg

皆様お待たせしました。
ひこうせんきっての変な人.....Fヶ山氏の登場!
進んでます....着々と進んでます。

P1010155001.jpg
P1010156001.jpg

あれっ?Fヶ山氏、もう1個着手かい?って思ったら.....何とここにもおりました!
お名前失念してしまいましたが、自衛隊車両のスクラッチャ-の方の製作途中。
しかもFヶ山氏と寸法ピッタリ。

P1010147001.jpg

そしてFヶ山氏が飛行機に参入!
1/32で自衛隊仕様に大改修するんですと......ついていけないわ(笑)


P1010145001.jpg

そして.......ここにも変な人がいました.......。
誰が作っているの?と聞いたんですが........。
ひこうせんBlogに初登場!Fヶ山ジュニアの作品でした。
ハハッ......親の遺伝子をもろ受け継いでますわぁ。
だってねぇ



P1010146001.jpg

これだよ!(笑)


P1010148001.jpg

N口氏、ハセガワのハリア-をやっています!
結構合いが悪いらしく苦戦しているようですが、そこはひこうせんの大番頭!
ちゃんとパ-ツの合いのつじつまを合わせてましたよ。

P1010153001.jpg

でもって、Rinsuke作の1/24 CLK。
もう10年くらい前に某店の完成見本用で作ったもの。
久々にみたらパ-ツがバラバラに....例会に合わせて修理しましたよ。

さてさて、次回の例会では何が飛び出すか........。
もうちょっと大きい画像が見たいぞ!と思われてる皆様、今「北のモデラ-ズ」の作品展報告をやっている別サイトをちょっとした写真集的に使用したいなと思ってます。
今回の例会の作品、過去の例会作品もそちらに掲載しようと思ってま~す。

ではでは.....See You!!!


Rinsukeついに!!

昨日札幌のメンバ-に電話しようとしたら.....あれっ?携帯がない!
会社から自宅に電話が。「Rinsukeの携帯、机の中でブルブルなってるけどどうする?」
あららっ!会社に忘れてきたんかい!
もしオイラに電話くれてた方がいたら.....ごめんねぇ!

さてさて、ちょいと模型でも作ってみようかと、ガンプラに着手。
MGのゲルググキャノンだ。まじにパ-ツが多いなぁ。
K坂1号さんからコメントでご指南いただいてます(^^;;
内部フレ-ムを先に組んでたのですが、パ-ティングラインを消したり、パ-ツの合わせ目を処理したりしてたら疲れちゃいました。で、気になっていたゲルググの顔、ヘッド部分を組んでみました。
おっ?いやいや、Ver.01よりVer.02のほうがゲルググらしい!って言いますけど、Ver.01もなかなかいい顔してるぞ。確かにもうちょっと潰れた顔のほうがそれらしいけど。
設定画みてたら、この細身にみえる理由もわかってきたし、ここを中心にいじれば少しイメ-ジは変わるかもだなぁ。オイラのイメ-ジでね。ブレ-ドアンテナも薄く削りこんでる最中ですけど、顔つきはシャ-プに変わってきますね。これは結構はまるかも。

gergoogrinsuke.jpg


そしてひそかにこんなもの組んでます。今は仮組ですけど。
HMEで見て胸が踊った「仮面ライダ-」。1/15の海洋堂のレジンキット。
前回紹介したライダ-セットから2号ライダ-をチョイス。右が新2号ライダ-で左が旧2号ライダ-。ちょっと残念なのは、このセットでは旧1号と旧2号が同じ身長になってるとこ。
実際は、旧1号を演じている中屋敷氏と2号を演じている中村氏に身長差があって、2号のほうが背が低いんだけど.....。両方とも第53話からのパワ-アップ型になってからは身長差がなくなるのだが....。旧版のキットではちゃんとなってたのになぁ。
rider2.jpg
新2号ライダ-、通称「パワ-アップ型」。南米ショッカ-と戦い続け、より強力な身体へ改造したのが新2号ライダ-。第72話に登場するのですが、当初の身体のラインは太い1本線で旧ライダ-と変化なし。キットのラインは細い1本ラインになってますから、後期の第93話以降の2号ライダ-を造型してます。この第93話っていうのが、あの偽ライダ-(ショッカ-ライダ-)が登場するお話し。
そういえば子供の頃、1本線や2本線の入ったジャ-ジが流行ってたっけなぁ。

おっ?Rinsukeがフィギュアかい?って思うでしょ。
AFVのフィギュアとおねぇちゃんフィギュアは苦手だけど、特撮ヒ-ロ-はまかせとけ!(^^)

お待たせしました!!

大変おまたせして申し訳ない!m(_ _)m

「北のモデラ-ズ」作品展、とりあえず作品展の模様だけ編集おわりました。

何せ作品展の期間中に撮影した画像は500枚越え(^^;;
そこからのピックアップでしたから.......。
Blogではとても掲載しきれないので、勝手に作品展報告のサイト作ってしまいました(笑)それでも全ての作品は掲載しきれてないです.......。

でも頑張って編集しましたので、リンクに貼ってある「作品展報告」でみてねぇ♪

あとはコンテストと模型教室のアップだなぁ........。

P.S.
「作品展報告」のサイト、作品画像をクリックすると大きい画像のポップが開くよぉ♪
これが一番めんどくさかった.......。

Happy Modeling!!!!

What's up guys!!
ってな具合で....Rinsukeです。

このBlogって学生さんも見てるのかなぁ........。
たまにマジメなちょっと面白いこと書くね!

プラモを作っていると、必ず出てくるものってありますよね。
そう、English、英語だねぇ。
特に外国のプラモなんかはインスト(組立説明書)も英語だらけでしょ。チンプンカンプンだ!って思っているそこの君!まずはタミヤやハセガワなどの国産キットのインストを良く読むことからはじめよう。輸出用に、説明書には日本語と英語で「切る=Cut」だとかいろいろ書いているはず。それを読んで理解できれば......外国のキットの説明書なんて怖くないぞ!
その流れで、外国で発行されている模型誌を読んでみよう。確かにチンプンカンプンだ。しかし、説明書が理解できていれば、書いてある文字には必ず同じ単語が出てくるはずだ。あとはイメ-ジ。何度も何度も読んでいれば、次第に英語が理解できてくる。そうすると......英語が楽しくなってくるのだよ。

では、学校で習わない英語をひとつ。.....もしかして習うのかな?今は。
今回は数字と和製英語だよ!

数を1から10まで数えるとする。
そうだね、ワン・ツ-・スリ-って数えるよね。10はテンだね。じゃぁ100は?
そう!お見事!ワンハンドレットだね。じゃぁ、1000は?
すっげぇ!当たり!ワンサウザンだ。では、2500は?なんていう?
えっ?ツ-サウザン・ファイブハンドレット?
実はねここからが本題なの。
2500という数、確かにツ-サウザン・ファイブハンドレットと読んじゃうよね。でもね、仮に模型屋で外国人からハウ・マッチ?って聞かれて、ツ-サウザン・ファイブハンドレット・エン(2500円)って答えたら.....オ-マイガッ!ベリイエクスペンシブ!と驚かれちまう。それは何故か?
2500という数字、これを英語で話す時はね、まず単位をわけないとならない。2500の場合は、下2ケタのゼロをひとつの単位で分けちゃう。わかるかな?
2500を英語で話す場合はトゥエンティ-ファイブハンドレットが正解なの。下2ケタのゼロがハンドレット=100を意味するわけ。だから頭の25を先にトゥエンティ-ファイブと訳して下の00をハンドレットと訳すの。ちなみに25000はトゥエンティ-ファイブサウザン。
では250000は....ツ-ハンドレットフィフティ-サウザン。250と000を分けて話すんだよ!
あっ、さっきのツ-サウザン・ファイブハンドレット・エン(2500円)が驚かれるわけって、この英語を数字になおすと......2000500円になっちゃうの。驚かれるわけ、わかったっしょ?
文字で書いたり見る場合、100はOne handred、150の場合はOne handred and fiftee.100と50の間にandを入れて書くのが多いですよ。だからOne handred and fiftee.ってもし書いてあったら、それは100と50って意味じゃなくて150っていう意味なのでご注意を。

で、お次は和製英語。
これねぇ、結構日本中に蔓延してるんだよねぇ。
英語だと思って海外旅行で話すと通じない。逆に「What?」と変な顔されるし。
最近の飲み物の容器に「ペットボトル」ってあるでしょ。これはね和製英語。
ペットボトルのペットっていうのはPET、つまりプラスチックの材質(PET)を意味してるのね。だからこのペットボトルを英語で話すときは単純に「プラスチック・ボトル」でいい。
そして「ビ-ルジョッキ」ね、これも和製英語なの。これは英語では「ビア・マグ」ってなるから覚えておいてね。

最後に、海外で相席しなきゃならないときって結構ある。
そんな時はこう聞いたら失礼じゃないから覚えておいてね。
Is this sheet a takn?(どなたかいらっしゃいますか?)
相手はこう答えてくれるはず
No,I'm not.(いませんよ)

どぉ?面白かったです?

以前妻と韓国旅行に行った時、ケンタッキ-に入った。
喉が渇いていた。
オ-ダ-した。
This is a two Coke of large size.(コ-ラのLサイズ2つください!)
しかし.......韓国という国、どこに行っても英語は通じず。
っていうか喋れないみたい....香港と違って。

怖いお話し.....第3話

いつも最後に「....も知らずに」なんて書いてまして、HMEでPOOHさんに「もったいぶるなあぁぁっ」と言われました(笑)。まぁ、たいして怖くはありませんが、ではその続きをお話しいたしましょう。

第3話「いつでも帰っておいで.......その後」

前回は義理の祖父が亡くなったときのお話しをしました。
あの時「いつでも帰っておいで」....そうつぶやいたこともお話ししましたが、その後に起こったちょっと怖い、そんなお話しです。

これは義理の祖父が亡くなって数年たったとき。
今から4年ほど前の2005年に起こったお話しなんですが、その前年の2004年のお盆に妻の実家に行きました。すると帰り際に妻の母が「この鏡いらない?」と妻に言ったんです。それは祖母の形見の姿見で、籐細工をあしらったおしゃれな姿見でした。
丁度妻も姿見が欲しかったらしく、僕達はその姿見を車に積んで当時住んでいた滝川にあるアパ-トへと帰ってきました。2DKという狭いアパ-トですから、茶の間とリビングとして使っていた和室の境に姿見を置いたんです。

1週間後、僕のまわりで不思議なことが起こりはじめました。
シャワ-を浴びている時、すりガラスの向こうに白い上下の女性の姿がはっりと見えました。洗面台がありましたから「あぁ、あいつ歯でも磨いているか顔でも洗っているんだ」と、僕は妻だと思っていました。シャワ-から出ようとした時、まだ彼女はそこにいます。
「裸でごめんね~っ♪」と浴室から出ました。が、そこには誰もいなかったんです。寝室に行きました。妻はスヤスヤと寝ています。「あれぇ?確かにいたよなぁ」....そんな事が何日か続きました。

それから1年ほど経ったある土曜日、僕は恒例の魚釣りへと増毛へ出かけることになってました。会社の仲間と土曜のお昼に滝川を出発し、増毛についた僕は早速釣りを始めました。そして夕方、仲間と焼肉でもして盛りあがろうかと準備をし始めたその時、携帯に妻から電話が入ったんです。
「なんだろう.....」そう思いながら電話にでました。
「どうした?」
「今昼寝してたんだけど、誰か知らない人が部屋に入ってきたみたい...」
「カギは?かけてあったの?」
「玄関も窓も全部かけてあるんだけど...夢かなぁ」
「そうじゃないのか?何かあったら連絡くれてもいいよ」
そんな妻との会話でした。

すると数分後........また携帯に妻から電話なんです。
「どうした?大丈夫か?」
「大丈夫じゃない....何か変なの。ウトウトしてて目が覚めたらね、女の人がじっと私を見てたの...。ねぇ怖いから今からすぐ帰って来て...お願い」
これ、妻の寝ぼけ話しじゃない!そうわかりました。
何故なら電話口で妻とは違う声がしてたからなんです。
「だって...かえっておいでっていったじゃない.....」
そんな声でした。まさか「誰かそばにいるの?」なんて間違っても妻には言えません。妻自身怖がりでそんな体験など今まで全くしたことがないし。
「今から急いで帰るから、それまで近くのコンビニに行っててくれ」
そう言い、僕は釣りを中止して独り滝川へと車を飛ばしました。

家に着くと、妻が青い顔でソファに座ってました。
「大丈夫か?なんでコンビニに行かなかった?」
「だって、女の人がまた出たらこわいし.....」
家の中には当然だれもいませんでした。僕が家に入ると同時に立っていたはずの女の人がいなくなったらしいんです。
その数日後、また妻が独りで家にいる時にはやり女の人が現れ、じっと立って見つめていたり、時には「ズズッ」と足を引っ張られたりということが起こっていたようです。でも、何故か僕が家にいる時に限って、その女の人は現れないんです。
「どんな女?」そう妻に聞きましたが、不思議と顔だけは見えないって言ってました。

しかし、ついにその時がやってきました。

ある夜のことです。妻は先にベッドに入っていました。僕もそろそろ寝ようかとベッドに入ったとき、目の前にある妻の三面鏡に写った自分が見えました。すると隣に妻が身を起こして座っていたんです。
「ごめんごめん、起こしちゃったか?」
そう言い妻を見ると.......。妻は寝ているんです。
「えっ?」
もう一度三面鏡に目をやりました。しかし、隣には誰も起きて座ってはいません。
「気のせいかぁ」
そう言いながら僕も眠りにつき、次の日の朝を迎えたんです。
朝はいつもの風景でした。
いつものように会社の制服を着ていたその時。僕の腕に、腕組みするように妻の手がからんできたんです。
「どうしたんだよ朝から...」
そう振り向くと....妻は三面鏡に向かってメイク中でした。
「あれっ?ということは...今の腕って誰の腕だったんだ?」
不思議に感じながら、僕らはいつものように家をでました。
その日はたまたま妻が会社の飲み会ということで旭川の実家に泊まることになってたんです。当然その日は家に僕独りになるわけです。
会社から帰宅して食事を済ませシャワ-を浴びて。その後はテレビを見ていたのですが、どうも茶の間にさっきから何かいるようなそんな気がしていたんです。
「まさか....そんなことはないでしょ」
そう思ったとき、テレビを見ていた僕ですが、わずかな視界に誰かが歩いている姿が見えたんです。
「えっ?」
もう一度、今度はテレビの方を向きながら、僅かに見える茶の間に意識を集中していました。すると「ス~ッ」と白い服を着た女性が茶の間を歩いているんです。
「(俺にはどうにもしてやれないけど.....だから帰れ!)」そう何度か声にださずに言ったのでした。
すると姿も気配もどこかに消えていました。
「今日は電気という電気を点けたまま寝るかぁ。独りの時っていつも酷い目にあうし。」
そう思い、テレビの電源を切った時です。
僕は一気に全身から血の気が引いていく感覚に襲われました。
電源を切って暗くなったテレビの画面に僕が映っているはずなのですが、僕のほかにもうひとり......僕の隣にさっきの女性が座って寄り添っているのが映ってました。さっきからずっと僕のそばにいたんでしょうねぇ。耳元で女性は言いました「いつでもかえっておいでっていうから....かえってきたよ...」

後日わかったのですが、これらの原因、実は祖母の形見の姿見にありました。
置いていた向きがちょうど玄関と対面しているかたちになっていたんです。そこが通り道になっていたようで、試しにバスタオルを姿見にかけていると、かけている間は女性は現れませんでした。
姿見の向きをかえても何をしても、タオルを外すと.....女性は再び僕らの前に現れるようになりました。夜でも昼間でも......。

旭川にマイホ-ムを新築し、いよいよ引越準備。僕らは姿見の処分を考えていました。
知り合いのお寺に事情を話し、御払いしてから捨てようと決めていました。
その御払いの日、僕は思いきってタオルを外し、車に姿見を乗せてそこに向かいました。
そして御払いが始まります。7月だというのに、エアコンの設備もそこにはないのに,,,,凄く寒く感じていました。御払いは無事おわりました。
しかし、今でもはっきり覚えてます。最後にいつも明るく大きな声で話す住職の奥さんがポツっとつぶやくように「もったいない。残念だねぇ....まだ使えるのに......残念....。」
住職には事情を話したはずなのに.なぜ?。
「だから住職、この姿見は.....」
「わかってるよ」
「だって今...残念だねとかまだ使えるのにとかって奥さんが言うんで」
「うちのやつはここには来てないよ」
「えっ?だって今ここで....」
その時、ガラガラっと入り口が開くと、住職の奥さんがお茶を持ってきてくれました。
「あら、Rinsukeさんお久しぶりですね。今日は奥様もご一緒?」

「住職.....さっきそこに居た人は?確かに奥さんだったんですけど....」
「いや、それはこの姿見に住んでいた女性だよ。」

姿見を処分してから、僕らの生活は元に戻りました。
浴室のすりガラスにも、消したテレビの画面にも、寝ている足元にも、もうその女性が現れることはなくなりました。

これ、僕の妻にとって初めての霊体験となったようです。

あなたの家の姿見、いえいえ鏡の向きは大丈夫ですか?









あのジャンルはないのかって?

ちわっす!Rinsukeです(^^)

そういえば、車、船、飛行機、AFV.......。
T崎さん御用達のフィギュアについてまだ書いてなかったですねぇ。
フィギュアといえば.....ひこうせんではD場さんというマイスタ-がおりますね。本当にこの方のフィギュアは「てづかに行って見てごらんよ!」って言いたいくらいなのよ。
同じくひこうせんのT崎さん。この方も「フィギュアなら俺にまかせろ!」っていうくらいフリ-クなんですよ。特にキャラもの、特撮ものとか。またこれが上手いんだわ!

オイラも「カ-モデラ-だよ!」とは言ってますが、模型に返り咲いたきっかけっていうのは.....実は特撮もののガレ-ジキットだったんです。ゴジラやウルトラマン、仮面ライダ-などのヒ-ロ-もの。あれは大学生当時かなぁ。初めてホビ-ジャパンを買って読んだときに、海洋堂とかボ-クスの広告を見て愕然......「何だ?この怪獣のキットは....」。それがレジンキットとの初対面。
当時は貧乏学生でしょ...月2万円(家賃は別で)の仕送りで生活だもんねぇ、簡単に買えるわけない。そこでバイトだ。バイト代で買いましたよ。買って作りましたよ。そこからドップリと模型の世界に返り咲いたねぇ。ゴジラも作ったし。今でも当時に買ったキットでまだ作ってないやつありますよ。
こんなことやってるからだねぇ、当時のオイラ、大学の経済学の授業でエンゲル係数を計算することがあったの。そしたら何と....オイラ...エンゲル係数110%超えてたよ(笑)。

先月のHMEに参加した時、ある個人参加の方のブ-スを見てまわってました。そうしたらねぇ、オイラには超ストライクな作品が展示してあったんですわ。それがなんと海洋堂の1/15仮面ライダ-シリ-ズの作品。しかも怪人も何体か展示してあったという。「おぉぉっ!」とデジカメを用意するも......先にいろいろ撮りすぎて電池切れ(泣).....残念ながら画像は撮れずでした。

昨日それを思い出し、ガサゴソとオイラの部屋のガレキストックコ-ナ-を探すと....あったぁぁ!

これですこれ!

riderkit01.jpg
海洋堂 1/15 仮面ライダ-セット
1セットに5種のライダ-がセットになってるんですね。
【Aセット】
仮面ライダ-新1号
仮面ライダ-新2号
仮面ライダ-アマゾン
スカイライダ-
仮面ライダ-ス-パ-1
*アマゾンは前期と後期の2タイプのス-ツがあります。マスクとス-ツの赤い模様が違うだけなのですが...。
*スカイライダ-も前期と後期の2タイプがある。初期はダ-クグリ-ンのマスクとス-ツ、後期は明るいグリ-ンのマスクとス-ツ。塗装だけで再現可能。

【Bセット】
仮面ライダ-旧1号
仮面ライダ-旧2号
仮面ライダ-ZX(ゼクロス)
仮面ライダ-BLACK RX
シャド-ム-ン
*旧1号はマスクの目は通常薄いピンクがかった色ですが、赤く塗ればライダ-2号の桜島ロケでダブルライダ-として登場した「桜島バ-ジョン」が再現可能。

【Cセット】
仮面ライダ-V3
ライダ-マン
仮面ライダ-X
仮面ライダ-ストロンガ-
仮面ライダ-BLACK
*ライダ-マンは右腕のアタッチメントが2種付属。真鍮線を利用して交換できる。
*ストロンガ-はツノ部が2種付属。ス-パ-ストロンガ-の再現可能。

原型はライダ-ものならこの人!海洋堂の田熊氏。
彼の仮面ライダ-の造型は最高なんですよ。
このシリ-ズ、1980年代に一度リリ-スされていた旧版っていうやつもあるんです。当時1体2000円くらいだったかなぁ。旧版も全て所有してますが、当時は一体一体に展示ベ-スが付属していたんですけど、このシリ-ズではベ-スが廃止になってます。そして細かい部分がリニュ-アルされています。レジンの質も旧版よりははるかに上質だし。あっ、ショッカ-怪人も何体か持ってるんだけど....どこに片付けたやら....。
「ショッカ-怪人11体セット」なんてのも発売されてましたけど、これは確か2万円越えてて....もう高くて買いませんでした。当然、このライダ-セットもショッカ-怪人セットも全て現在は絶版。

オイラが仮面ライダ-ものを作る時のバイブルが
こちら

book01.jpg
book02.jpg
これ、1986年のテレビマガジンの特別編集の大全集。これとは別にライダ-怪人大全集もある。
ライダ-編は旧1号からゼクロスまでで、ライダ-BLACKやBLACK RXなどはこのあとの登場だったので掲載されてません。でも、結構資料価値は高いんですよ。
これ、1986年当時で1冊2800円。怪人大全集と合わせると、5600円でした。
ん-っ、作りたくなってきたなぁ.....って実はちょっとだけ仮組み始めてます。
T崎さん、多分喜ぶっしょ。

そして......何だかやっぱりやらないといけないの?みたいな感じのガンプラ!
K坂1号さんやTK橋さんの悪魔の囁きが........笑。

っていうことで、オイラも始めます.....ガンプラ.....。
しかしさぁ、内部フレ-ムだのなんだのって....このパ-ツ数はなんじゃ!!
まっ、何とかがんばるけんねぇ!
gunpla01.jpg


フィギュアといえば、なにも人形だけがフィギュアではない。
フィギュアって言葉はあらゆるものに使うんですよねぇ、例えばド-ルハウスなどのミニチュア食器もフィギュアと称すしね。
オイラ事ですが、オイラの実家の母が今非常にこってるものがあるんですわ。
ビ-ズを使って、チャイナドレスや着物などを再現するという。これもある意味フィギュアだし、これも立派なホビ-だよなぁ。先日オイラの奥さんに結婚記念日プレゼントされたんだけど、結婚式の写真を見ながら作ったという作品。ブ-ケのひまわりもビ-ズで製作したんですって....。
rinmama01.jpg
おかげで母親、実家から遊びに来ては、オイラのピンセットやら極細テグスやら物色しては「これ使いやすいねぇ、これいくらするの?どこで買ったの?」。年金暮らしのサンデ-ピ-プル(注1)だからねぇ...「いいよ、やるから持っていきなよ」といつもお持ち帰りされてます(^^;;。
あっ!今大作を製作するらしい......って大作なのかなぁ。
先日も「あんたのプラモの本貸してよ」っていうから「どうしたの?プラモでも作るんかい?」。
そうしたら「ビ-ズ使ってガンダム作るからさぁ、あんたの本貸して!」ですと..。

(注1)
定年後って、家で毎日が日曜のように優雅に暮らしているでしょ。
だから「サンデ-ピ-プル」って....オイラが勝手に作った造語....笑。

もう9月ですねぇ.......

模型としてのイベントは、HMEも終了して全て終わったかなァってとこですね。
あとは個人的にMPMCさんや普段交流のあるクラブの展示会におじゃまするくらいっすかねぇ....。

どうもっ!Rinsukeです。

あと4ヶ月もすれば今年も終わっちゃうんですねぇ.....早いなァ。
よく「Rinsukeちゃん、40過ぎたら1年なんてあっというまだよ!」なんて言われましたけど、ホントその通りですわ。

そんな2009年。今年最大のNEWSって、やっぱあの人の死でしょうね。
KING OF POPSことマイケル・ジャクソンの死亡。
ショックだったなぁ.....。オイラの青春時代の光がまた消えたなって思ったね。
オイラ自身、小さい頃からモ-タウンの音楽が大好きで、小学生の頃は親戚の叔父から録音してもらったテ-プを聴きまくってました。
シュ-プリ-ムス、テンプテ-ションズ、マ-ビン・ゲイ、そしてジャクソンファイブetc......。
モ-タウン以外でも洋楽は好きだったんで、本当に大学に入学するまでは洋楽ばっかり聴いてましたよ。
モ-タウンでは特にマ-ビン・ゲイが好きでねぇ....彼の「What's Going On」を初めて聴いたときは凄く感動したなぁ。この「Wha's Going On」がリリ-スされたのは1971年なんですが、この1971年っていう年は世界の音楽業界で「名曲の宝庫」といわれた年なんです。
言うと「ああぁぁっ、知ってる!」っていうものばかりなんですが、特に有名なのはジョン・レノンの「イマジン」。
ちなみに、オイラの好きなビリ-・ジョエル。彼がソロデビュ-したのが1971年。そして彼自身が成功を収めた出世アルバム「ストレンジャ-」がリリ-スされたのは1977年。ここに収められた「Just the way you are~素顔のままで」がグラミ-賞をとったという。
札幌ド-ムのライブも行ったけど、やっぱ最高です。
「イマジン」もこの「What's Going On」も、リリ-スされた時代背景にはあのベトナム戦争があったんですねぇ。ベトナムでの戦争は次第に泥沼化し、負けるとわかっていてもアメリカは戦地に兵士を送り出す。そんな中アメリカ国内はもとより世界中で反戦運動が湧きあがる。
そこで産まれたのが「What's Going On」。今までモ-タウン独特のブラックミュ-ジックで名声を得たマ-ビンでしたが、自身で大切な女性であるタミ-・ティレルの死、家庭内での不和、兄弟のベトナム戦争への徴兵。それら全てがマ-ビンを圧迫して、マ-ビン自身活動を休止してしまう。
ベトナム戦争、反戦運動、そして黒人の暴動の激化。それらをマ-ビン自身「世の中、一体どうなってしまったんだ?」そんな疑問をメッセ-ジソングとして書いたのが「What's Going On」。歌詞の冒頭で「Mother...Mether...Mother」とか「Father...Father...Father」「Brother...Brother...Brother」と問いかけるんですが。「Mother」「Father」は母親や父親であるアメリカ国家への問いかけであり、「Brother」は同胞達への問いかけ。「What's goin on~♪(What's goin on)」と同じ言葉をコ-ラすと掛け合いながらコ-ル・アンド・アンサ-する。What's going on=どうなってしまったんだい?という題名どおりのメッセ-ジソングである。世界中の音楽に影響を与えた凄くいい曲なんですよ。聴いたことがない!っていうそこのあなた......レンタルして一度聴いてみて♪

そしてこれらに影響されたのが....マイケルジャクソンだったねぇ。
スリラ-が超ミリオンセラ-を記録していた初期の頃は「スリラ-」をはじめ「ビ-ト・イット」「ビリ-・ジ-ン」とかダンスミュ-ジック主体でしたけど、あることがきっかけで彼の音楽は変わっていったような気がします。ちょうどイギリス、すなわちU.K.の音楽界であるユニットが結成。今では懐かしいでしょう「BAND AID」。ワム、U2、スティング、デュランデュランなどU.Kを代表するメンバ-達が集結して世界中の恵まれない子供達を救え!とチャリティ-で結成したユニット。「Do they know it's Chrithmas」が世界中でヒットを飛ばしたよねぇ。そこでアメリカでは....マイケル・ジャクソンとクインシ-・ジョ-ンズとの協力タッグで産声を上げた名曲「We are the World」。ユニットの参加メンバ-もビリ-・ジョエル、レイ・チャ-ルズ、ホブ・ディラン、ティナ・タ-ナ-、ディオンヌ・ワ-ウィック、スティ-ブ・ペリ-等、今となっては殿堂入りみたいな凄いメンバ-達がそろったユニットだったよなぁ。そしてこの曲も世界平和への強いメッセ-ジソングだったねぇ。
そこからかなぁ、マイケルの音楽がどことなくメッセ-ジ性のつよい楽曲へと変化したのは。

彼が「スリラ-」で一躍スタ-ダムに駆け上がった1980年代。今ではス-パ-スタ-といわれるア-ティストがメジャ-デビュ-したよね。マドンナ、シンディ・ロ-パ-、ホイットニ-・ヒュ-ストンetc....。そんな中でもやっぱりマイケルは凄かった。そしてマイケルが世界中のミュ-ジックシ-ンに与えた影響も大きかったのは事実。ム-ウォ-ク....初めて見た時は衝撃だったし。

晩年は奇怪な行動などで話題を振り撒いていたけど、よく「天才は孤独だ」っていうし、人一倍人種の壁に悩んでいた彼だったから(白人になりたい!って整形をはじめたし)、それらのフラストレ-ションがそうさせたのかも知れないなぁ.....本当のことはわからないけどね。

先日、改めて彼の曲を聴いてみた。「ビリ-・ジ-ン」「ビ-ト・イット」大学生の頃の1980年代の記憶が蘇った。この曲をカ-ステレオで聴きながら、友人達と夜の旭川の街を流していたあの頃の記憶。大学祭りのダンスパ-ティ-(当時はダンパって呼んでいた..笑)で踊った時のこと。
音楽って、色々なことを思い出させてくれるアイテムなんだよね。
第2期名曲の宝庫である1980年代を、マイケルの曲も含めた名曲達に囲まれながら、がむしゃらに青春時代を過ごしてきたオイラ達の世代は凄く幸せものだなってつくづく思います。

オイラも音楽が好きで楽器をやり始めて、バンド組んだり、吹奏楽をやったり、いろいろとやってきましたけど、やっぱり音楽っていいですねぇ。
いい音楽を聴きながら模型を作る.......贅沢な時間だなぁ......。

P.S.
先日......大学のOB会がありました。
「伝説の」と呼ばれるプレ-ヤ-が集結。
下っ端はオイラだけ....。
大学生時代に組んでいたバンドのメンバ-達です。
みんなオヤジになったよなぁ......。
2次会ではライブハウス風の飲み屋へGO!!。
すると....いきなりOB達.....即席での即興セッション開始!
ドゥ-ビ-ブラザ-ス、エリック・クラプトンなど、楽譜なしで
の即興ですよ!!
全員プロを目指していただけあってスゲェ!!
そして......オイラも何故か強制参加(笑)
22年振りのステ-ジに....しかし...店のお客は超盛りあがり。
そして22年振りにバンド再結成することに。

その模様はまた次回ね♪


リンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。