スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クラブひこうせん」例会報告 2009.4.25

さてさて、4月25日は「クラブひこうせん」例会日。
いつものように19時から開始ということで、オイラRinsukeも製作中の作品とNASCARの実物のリア・クォ-タ-・ウィンドウを持って参加しましたよぉ。

この例会では和気あいあいと食事しながらのスタイルで、「フッ!」と見ると......いつものように「クラブひこうせん」神居・忠和友の会の宴会部長であるS田氏が早速独り乾杯してました(笑)。

reikai001.jpg

今回は初参加の方2名(お名前失念してしまいました.......)を迎えての例会。

暫くの談話の後、T橋さんを中心に7月の「北のモデラ-ズ」大展示会のミ-ティング。
ん~っ、まだまだ準備にやること沢山ありますわ。おおかた準備は進んでいますから、細かい事含めて少しづつ調整していくってところですねぇ。三役の方にはご足労おかけし申し訳なくおもっています。

その後2回目のフリ-タ~イム♪
ここから皆さんはじけるお時間。今回も凄いものが沢山登場しましたよぉ。
じゃぁ、もう語りなしでいきましょか!

sakuhin01.jpg

"ROCO大魔王"ことN嶋氏の1/72ヒコ-キ。ワイルドキャッとは何とRevellのファイタ-シリ-ズで、30年以上も前に作った作品。ものもちいいねぇ。


sakuhin02.jpg

宴会部長のS田氏の愛機、一式陸攻。画像に写ってませんが、この横でニッコリ微笑みながら独り宴会してました(笑)。


sakuhin03.jpg

御大N口氏が40年前に製作した......えっ?40年前ですかぁ!?残ってることが凄いです!


sakuhin04.jpg

今回初参加いただいた方のキュベレイ。この他ゲルググなんかもありましたが、このキャンディ塗装にオイラRinsukeのハ-トはがっちりとキャッチされました。アメ車に良く見られる色なんですが、再現が難しくて......。
食いついて質問攻めしちゃいました。ごめんね(^^;;


sakuhin05.jpg

"ROCO大魔王"N嶋氏のミニスケ-ル車両。彼の保有台数から見ると、この数は多分まだ1/10ってとこでしょうかね。


sakuhin06.jpg

遥々と旭川まで片道1時間半かけ、いつも参加してくれてますK田氏の1/35キンタ。フリウルのメタルキャタにいつも拘りをみせていますが、やっぱり重量感が違いますねぇ。工作が凄く丁寧で、見ていていつも癒されてます。
あぁぁっ、オイラ、イルカせラピ-してみたいなぁ(←何だよいきなり....)


sakuhin07.jpg

おぉぉっ!73式!いや~カッチョいい~!これはN口氏所有のキットをD場氏が製作。
最近のレジンキットもクォリティあがりましたよねぇ。オイラも見つけたら買っちゃお♪


sakuhin08.jpg

N口氏製作中のタミヤ1/48ティリ-。これ、生で見るといい色がでてるんですよぉ。
本人いわく、二度とこの色は作れないんだとか。


sakuhin09.jpg

あっ、これはオイラRisuke製作中のNASCAR。以上!


djyo01.jpg
djyo03.jpg

.........。D場氏の"首塚"です(笑)。しかし良くこんな小さいの彫れますねぇ。

djyo02.jpg

これもD場氏のシシカバブ-!オネェチャン風味。って、オイラこうやってフィギュア自作できる人は尊敬しちゃいます。



fgayama01.jpg
fgayama05.jpg
fgayama03.jpg
fgayama04.jpg

Fヶ山氏のスクラッチ製作途中作品。何だかわかりますか?
ハッ...ハハッ。これが彼のスタイルなのですが、リサ-チの仕方が普通じゃない!

fgayama02.jpg

これもFヶ山作品。500円玉と比較なんですけど......えっ??


まだまだ撮りたい作品があったんですけど、オイラも盛りあがってしまって.....。
全部の作品を撮れませんでしたぁ。

そして時間は日付が変わって26日の午前0時をまわりって例会はおひらき!
次回は5月16日の開催で~す。


あれっ?......宴会部長はどうしました?



image.gif
いやぁ~♪今日も楽しく飲んだわぁ♪






スポンサーサイト

自身の至高のお宝って何?

っていう、いきなりこんなテ-マを立ち上げてみました。
模型、書籍、自分自身のお宝や珍品で盛り上げてみましょう!

さてさて、ではまず最初。オイラRinsukeから始めてみます♪

オイラですが、模型以外にも海釣り、スポ-ツのトレ-ディングカ-ドの収集といった趣味があります。スポ-ツは主にアメリカの野球(MLB)、バスケ(NBA)、アイスホッケ-(NHL)、アメフト(NFL)の4大SPORTSが好きでして、MLBではN.Y.ヤンキ-ス、特にショ-トのD.ジ-タ-の大ファン。トレカもマイナ-リ-グ時代の'93年頃のものから約1200種集まってます...(^^;;。カ-ドに書かれた直筆のオ-トグラフ(サイン)なども。

バスケのNBAでは、特に好きなチ-ムや選手っていないのですが、あえて言うならやはり!神様マイケル・ジョ-ダンでしょうねぇ。彼のカ-ドって結構単価が高く、一時期サインのカ-ドなんかはアメリカドルで$4000~$6000で取引されてました。現在でも、モノによっては(シリアルナンバ-が入る枚数限定もの$1500とか$2000。オイラの小遣いでは買えましぇん。

数年前、出張でたまたま東京に行った時、時間があったので某ショップに寄ってNBAのトレカのパックを何種類か買ったことがあります。そのカ-ドの売りが選手のサインが当たるっていうやつで、たまたま帰りの飛行機の中で開封してたのですが、一枚だけ他のカ-ドとデザインが違ってることに気がついたんです。
「はっ?.....何でしょか?」と良く見たら。





docu0091.jpg
( Upper Deck M.Jordan Autographs )

選手のサインが当たるどころか"神様"の直筆サインが当たってました.............(汗)。
しっかりとトレカメ-カ-の証明書も付いてました。
某オ-クションに出せば高値にはなりますが、これだけは値段じゃないです。
オイラの一生のお宝です!
叫ぼうにも飛行機の中。手が震えて何故か汗ばんでましたねぇ、興奮して。
喉が渇いてしまい、スチュワ-デスさんにお水を頼もうと声をかけたのですが、何故か出てきた言葉.............







「すっ..すみません、看護婦さん!

*隣の席のおじさん、寝たふりして失笑してました...........はっ、恥ずかしい!(笑)

ついに始まる例会リポ-ト!

はい!Rinsukeです。
今週の25日、『クラブひこうせん』の例会が開催されます。まぁ、これがまた楽しい例会でしてねぇ。他クラブ所属のオイラとロコ大好き"ROCO大魔王"の2人、あまりの楽しさに毎回お邪魔しています。楽しく刺激的なこの例会、集まった方々は凄く庶民的でフレンドリ-な反面、製作途中の作品は人間業ではない!そんなものばかり。したがってオイラは例会ならぬ霊界と呼んでます(^^;;

さてさて、そんな霊界......(←しつこいわ!)....例会をどど~んと、オイラRinsukeがレポ-トいたします!どんなレポ-トになっても、皆さん笑ってみててくださいねぇ♪

ではお楽しみに!

気分直しにNASCARです。

今日はてづかさんへ行って来ました。
というのも、たまたまエバ-グリ-ンの0.25mmの幅広のプラ板の短冊の在庫を切らしてしまいましたのでその補充にと。
すると........N口さんとT橋さんにバッタリ遭遇しました(^^;;

このBlogの話題になったのですが、なぜかカキコのことになったんですが記事の書込みなんかやったことないし!と。皆さんが記事の書込みが出来るまでのあいだ、しばらくここのBlogを担当しそうなRinsukeです。オイラもあっちブツカリこっちブツカリしながら書いてます(笑)。ひこうせんさんの正社員......ぢゃなくて正式メンバ-ではないオイラですが..........ハイっ?.......どこかで焼酎のビンを片手に「何言ってるのぉ、もう逃げられないよ」と神居・忠和友の会「宴会部長・S田氏」のささやきが聞こえてきたような。であれば一肌でも二肌でも脱ぎましょう!
でも「ひこうせん」の皆さん、オイラがネタ切れになる前に早く記事の書込みできるようにお願いしますm(_ _)m。
てづかさ~ん!今度書込み講習でもしてやってくださ~い!ネ♪

展示会のポスタ-写真用にとT橋さんから完成作品のレンタルを依頼されまして、本当はオイラから持参すれば良かったのですが、わざわざT橋さん自らオイラの自宅に取りに来ていただきまして......。T橋さん、すみませんでした!お気使いまでさせてしまいまして.......m(_ _)m.。今度我が家で「ひこうせん」焼肉大会でもしましょう!S田さんが酔って潰れて沈んでもオイラのご近所ですから、皆さん心配しなくていいから楽かと(爆)。

あっ、目的のプラ板。エバ-グリ-ンは残念ながらSOLD OUTでした。タミヤの0.3mmで代用だ!とタミヤパテと一緒にご購入!

さてさて、前回はRinsuke生涯初のお船、ウォ-タ-ラインの製作状況でしたが、只今各パ-ツの合わせに嫌気がさしてます。先日「瑞鶴の製作記」なるサイトを発見したので見たのですが、内容はというと.......................やる気度マイナス10000%になりました(笑)。
やってることがオイラとは次元がちがうし。

で、お口直しにNASCARを。


taurusff05.jpg

Revell-Monogram 1998-1999年のフォ-ド・ト-ラス。
パ-ティングラインやバリを「カリカリッ」とペ-パ-がけでまずは除去。
オイラの場合はホ-マックで買った400番の空研ぎペ-パ-でガシガシと削ってます。アメプラの一皮剥きにはこれが一番!

taurus001.jpg

で、ボディの修正。キットのボディ、実車と一部違ってますからポイントを絞って修正です。
キットではパッセンジャ-側のル-フレ-ルが途中でいったん途切れ、その間にル-フフラップのモ-ルドの一部が入りこんでますが、実車はどのチ-ムも一本につながったレ-ルになってます。途切れた部分を0.5mmのプラ板で繋ぎ、溶きパテを持って整形。そしてフラップのモ-ルドも溶きパテで埋めてしまいます。フロントバンパ-からフロントスポイラ-にかけての形状も、ハイスピ-ドとショ-トトラックとでは違いますが、今回はハイスピ-ド仕様で製作ということでこのままでOKとしました。

taurus002.jpg

リアのスポイラ-も実車と形状が違ってます。画像は修正後ですから、キットをお持ちの方はチェックしてみてね!キットはトランクリッドよりも外側に大きい扇形の形状のスポイラ-ですが、実車はトランクリッドに対して垂直に立った形状なのでキットのスポイラ-の両端を垂直にカット。ショ-トトラック仕様(茂木など)ではスポイラ-の角度をキットよりもっと垂直に立てる必要がありますが、今回はハイスピ-ド仕様で製作なのでキットの角度でOKとします。あとは後ろから前面に向かってラウンドするような感じで薄々に仕上げます。画像は撮ってませんが、リアのガス抜きパイプとリベットのモ-ルドも研ぎ出しに邪魔なので削りおとし、ガス抜きパイプは真鍮パイプで、リベットはインセクトピンなどで作りかえます。トランクリッドにあるキャッチピンも削ってピンバイスでガイドの穴をあけ、後でエッチングのキャッチピンに変更します。
あっ、リアスポイラ-真中の凹モ-ルド。ここはレ-ス前の車検時に車体形状に合わせた定規が入る部分で、実際は切れて離れてますがレ-ス時にはテ-プを貼って固定しています。間違っても切り離さないようにね。

taurus003.jpg

さてさて、フロントフ-ドとボディの合わせ。
一部クリアランスが合ってませんから、一旦外周にペ-パ-(空研ぎ400番!)をあてながら隙間を均等にあけておきます。フ-ドの両端はそのままだと塗装の塗膜を考慮しても大きい隙間となってますから、両端に0.25mmのプラ板を貼って溶きパテを盛り、ボディとの合わせを確認しながら少しづつペ-パ-をあてて調整しています。ノ-ズ側はある程度クリアランスOKでしたから、部分的にプラ板の細切れ(端材)を貼って調整。あとは塗膜の厚みでカバ-させることにしました。

taurus004.jpg

次はフェンダ-の加工です。
実車はボディを1mmのスチ-ル板で製作しています(フロントノ-ズはケブラ-製)。
キットは成形技術の関係でしょう。結構な肉厚です(笑)。
ここを実車と同じく薄く加工するかしないかで完成の仕上り度合い(作品のもつ雰囲気)がガラツ!と変わります。ここはこれでもかっ!というくらい薄く加工します。オイラの場合は薄々攻撃に彫刻刀(切出し刃)を使ってカンナがけをし加工してます。カッタ-やデザインナイフでもいいんですが、刃の厚みが薄いのでカンナがけの時に刃があおられて加工面がガタガタになってしまいますのでね。彫刻刀なら刃が厚いのでスパスパ削れます♪この心地よさに勢い余ってやり過ぎるってこともありますのでご注意を(笑)。カンナがけした面は軽く空研ぎ400番で撫でておけばいいでしよう。
ペ-パ-?薄くなるのはいつになるやら.......。リュ-タ-?電気代と電池代節約しましょ♪
とここまで薄くしてみたのですが、ん~っ........もうちょっと薄くてもいいかな?
薄く加工するとき、成形色が白の場合はマジックでフェンダ-の肉厚部を塗っておくと薄くなる過程が分かり易くなりますよ(画像参照)。
あっ、彫刻刀のお話し。オイラは100均(ダイソ-)で買った彫刻刀を愛用してます。これで充分です!最近は100均もバカにできないんですよねぇ。

悩むところはこのト-ラスのスキ-ムス。
前にも説明しましたが、アメリカのNASCAR、NHRAなどのマシンのカラ-リングやマ-キングのことを(Paint Schems=ペイント・スキ-ムス)と呼んでます。大戦機でもトライスキ-ムスなんて呼んでますでしょ?それと同じです♪
小樽在住のオイラの師匠(20年前、研ぎ出しなどを彼から教わった)からも「面白いスキ-ムス頼むよ♪」とメ-ルが来たんですけど.....ん~っ..........。
持ってるSLIXXのデカ-ルを引っ張りだしてはみたが、どれにしようか悩んでます。シャ-シやロ-ルゲ-ジなんかはそれによってライトグレイか赤かと塗装色が違うんで決めておかないとならないのですが。

taurus005.jpg
taurus006.jpg

ご機嫌!大変!WL!

はい、Rinsukeです。
今のオイラは、7月からの大展示会に向けてお船作ってます♪
というのもS藤さんとS田さん、K田さんとのコラボ製作でして、勢い余って「では!アタイもっ!」と参加宣言したのが地獄の1丁目。
しかも.......何も知らずにカッコつけて「じゃぁ、アタイは瑞鶴やりまぁ~す!」って........。
今考えたらオイラは......アホか?

ラッキ-なことに某知人からいただいたキットの中に「瑞鶴」がありましたからねぇ。しかもフジミの古~いキットが。S藤さんいわく「フジミはいいキットだよ♪フジミが一番格好いいねぇ」。
その言葉に「あぁぁ、そうなんだぁ」。後日、S藤さんより1/700の日本の艦載機セットをいただきまして、ではではやってみましょうかと製作開始。

流石に古いキットですから、船体と船底のパ-ツの幅は合いません。窓(?)のモ-ルドも浅くて、ペ-パ-で一皮剥いているうちに無くなりそう........一応ピンバイスでモ-ルドを深くさらっておきました。オイラの場合、Revellなどのアメプラもそうですが、最初の整形段階では耐水ペ-パ-なんて使いません。ホ-マックで買った400番の空研ぎペ-パ-でガシガシいってます。

fune001.jpg

fune002.jpg

パ-ツを合わせてみましたが、面と面が合わなかったり、隙間が空いてたり。古いキットってこんなもんでしょ。まぁ流石にヒケも結構凄いのでプラ板を貼りながら整形作業です♪
って......初めてWL作るから勝手がわからない!

fune003.jpg

で、まぁここまでやってみたのですが、ふと「ここにはあとどんなパ-ツがくっつくんだい?」と疑問になったんですね。そこで組立説明書を見ると「あぁぁ、なるほどぉ!ここにはこれがくっつくのね♪」
そのパ-ツを仮組みしてみると............。
                           ・
                           ・
                           ・
                           ・

fune004.jpg

「................みっ............見えなくなるのね.............。ハハッ........(泣)」
何だかどんどん深みにはまっていく自分が見えてきました。

Rinsuke生涯初めてのWL製作。
S藤さんからは「Rinsukeさん、超素組み完成でお願いね♪」とは言われてますが、こんなキットを平気で完成させるS藤さんやK田さんにS田さん。絶対普通じゃないです(笑)。
というか........「ひこうせん」の方達は、昔から凄い!と思ってましたが、それを超えてますわ。

毎月開催の「ひこうせん」の例会。
オイラは明日から「ひこうせん」の霊界と呼ぼうと心から強く感じた今日この頃。

さてと、明日からまたWLの迷宮に迷いこんでみるか。
S藤さんの期待を裏切らないようがんばりまぁ~す♪







リンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。