スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖新聞.......番外編。

みなさま.....お元気でしょうか....。
Rinsukeです.....。

恐怖な話は「夏限定!」とは限らない.....笑。
ROCO大魔王さんは大嫌いみたいだけど(爆)

オイラの怪談話っていうか体験談のなかで、ある方にはビデオの話しをしましたっけ。

今回はある問題の映像をご覧いただきます。

この映像のいきさつは、とっても長くなるので省略いたします。

この映像、皆さんにはどのように感じ取られるか。

これに何が写ってしまったのか.....。

よーく目をこらしてご覧ください。

それでは、その問題の映像をどうぞ!



[広告] VPS
スポンサーサイト

怖いお話し.....第3話

いつも最後に「....も知らずに」なんて書いてまして、HMEでPOOHさんに「もったいぶるなあぁぁっ」と言われました(笑)。まぁ、たいして怖くはありませんが、ではその続きをお話しいたしましょう。

第3話「いつでも帰っておいで.......その後」

前回は義理の祖父が亡くなったときのお話しをしました。
あの時「いつでも帰っておいで」....そうつぶやいたこともお話ししましたが、その後に起こったちょっと怖い、そんなお話しです。

これは義理の祖父が亡くなって数年たったとき。
今から4年ほど前の2005年に起こったお話しなんですが、その前年の2004年のお盆に妻の実家に行きました。すると帰り際に妻の母が「この鏡いらない?」と妻に言ったんです。それは祖母の形見の姿見で、籐細工をあしらったおしゃれな姿見でした。
丁度妻も姿見が欲しかったらしく、僕達はその姿見を車に積んで当時住んでいた滝川にあるアパ-トへと帰ってきました。2DKという狭いアパ-トですから、茶の間とリビングとして使っていた和室の境に姿見を置いたんです。

1週間後、僕のまわりで不思議なことが起こりはじめました。
シャワ-を浴びている時、すりガラスの向こうに白い上下の女性の姿がはっりと見えました。洗面台がありましたから「あぁ、あいつ歯でも磨いているか顔でも洗っているんだ」と、僕は妻だと思っていました。シャワ-から出ようとした時、まだ彼女はそこにいます。
「裸でごめんね~っ♪」と浴室から出ました。が、そこには誰もいなかったんです。寝室に行きました。妻はスヤスヤと寝ています。「あれぇ?確かにいたよなぁ」....そんな事が何日か続きました。

それから1年ほど経ったある土曜日、僕は恒例の魚釣りへと増毛へ出かけることになってました。会社の仲間と土曜のお昼に滝川を出発し、増毛についた僕は早速釣りを始めました。そして夕方、仲間と焼肉でもして盛りあがろうかと準備をし始めたその時、携帯に妻から電話が入ったんです。
「なんだろう.....」そう思いながら電話にでました。
「どうした?」
「今昼寝してたんだけど、誰か知らない人が部屋に入ってきたみたい...」
「カギは?かけてあったの?」
「玄関も窓も全部かけてあるんだけど...夢かなぁ」
「そうじゃないのか?何かあったら連絡くれてもいいよ」
そんな妻との会話でした。

すると数分後........また携帯に妻から電話なんです。
「どうした?大丈夫か?」
「大丈夫じゃない....何か変なの。ウトウトしてて目が覚めたらね、女の人がじっと私を見てたの...。ねぇ怖いから今からすぐ帰って来て...お願い」
これ、妻の寝ぼけ話しじゃない!そうわかりました。
何故なら電話口で妻とは違う声がしてたからなんです。
「だって...かえっておいでっていったじゃない.....」
そんな声でした。まさか「誰かそばにいるの?」なんて間違っても妻には言えません。妻自身怖がりでそんな体験など今まで全くしたことがないし。
「今から急いで帰るから、それまで近くのコンビニに行っててくれ」
そう言い、僕は釣りを中止して独り滝川へと車を飛ばしました。

家に着くと、妻が青い顔でソファに座ってました。
「大丈夫か?なんでコンビニに行かなかった?」
「だって、女の人がまた出たらこわいし.....」
家の中には当然だれもいませんでした。僕が家に入ると同時に立っていたはずの女の人がいなくなったらしいんです。
その数日後、また妻が独りで家にいる時にはやり女の人が現れ、じっと立って見つめていたり、時には「ズズッ」と足を引っ張られたりということが起こっていたようです。でも、何故か僕が家にいる時に限って、その女の人は現れないんです。
「どんな女?」そう妻に聞きましたが、不思議と顔だけは見えないって言ってました。

しかし、ついにその時がやってきました。

ある夜のことです。妻は先にベッドに入っていました。僕もそろそろ寝ようかとベッドに入ったとき、目の前にある妻の三面鏡に写った自分が見えました。すると隣に妻が身を起こして座っていたんです。
「ごめんごめん、起こしちゃったか?」
そう言い妻を見ると.......。妻は寝ているんです。
「えっ?」
もう一度三面鏡に目をやりました。しかし、隣には誰も起きて座ってはいません。
「気のせいかぁ」
そう言いながら僕も眠りにつき、次の日の朝を迎えたんです。
朝はいつもの風景でした。
いつものように会社の制服を着ていたその時。僕の腕に、腕組みするように妻の手がからんできたんです。
「どうしたんだよ朝から...」
そう振り向くと....妻は三面鏡に向かってメイク中でした。
「あれっ?ということは...今の腕って誰の腕だったんだ?」
不思議に感じながら、僕らはいつものように家をでました。
その日はたまたま妻が会社の飲み会ということで旭川の実家に泊まることになってたんです。当然その日は家に僕独りになるわけです。
会社から帰宅して食事を済ませシャワ-を浴びて。その後はテレビを見ていたのですが、どうも茶の間にさっきから何かいるようなそんな気がしていたんです。
「まさか....そんなことはないでしょ」
そう思ったとき、テレビを見ていた僕ですが、わずかな視界に誰かが歩いている姿が見えたんです。
「えっ?」
もう一度、今度はテレビの方を向きながら、僅かに見える茶の間に意識を集中していました。すると「ス~ッ」と白い服を着た女性が茶の間を歩いているんです。
「(俺にはどうにもしてやれないけど.....だから帰れ!)」そう何度か声にださずに言ったのでした。
すると姿も気配もどこかに消えていました。
「今日は電気という電気を点けたまま寝るかぁ。独りの時っていつも酷い目にあうし。」
そう思い、テレビの電源を切った時です。
僕は一気に全身から血の気が引いていく感覚に襲われました。
電源を切って暗くなったテレビの画面に僕が映っているはずなのですが、僕のほかにもうひとり......僕の隣にさっきの女性が座って寄り添っているのが映ってました。さっきからずっと僕のそばにいたんでしょうねぇ。耳元で女性は言いました「いつでもかえっておいでっていうから....かえってきたよ...」

後日わかったのですが、これらの原因、実は祖母の形見の姿見にありました。
置いていた向きがちょうど玄関と対面しているかたちになっていたんです。そこが通り道になっていたようで、試しにバスタオルを姿見にかけていると、かけている間は女性は現れませんでした。
姿見の向きをかえても何をしても、タオルを外すと.....女性は再び僕らの前に現れるようになりました。夜でも昼間でも......。

旭川にマイホ-ムを新築し、いよいよ引越準備。僕らは姿見の処分を考えていました。
知り合いのお寺に事情を話し、御払いしてから捨てようと決めていました。
その御払いの日、僕は思いきってタオルを外し、車に姿見を乗せてそこに向かいました。
そして御払いが始まります。7月だというのに、エアコンの設備もそこにはないのに,,,,凄く寒く感じていました。御払いは無事おわりました。
しかし、今でもはっきり覚えてます。最後にいつも明るく大きな声で話す住職の奥さんがポツっとつぶやくように「もったいない。残念だねぇ....まだ使えるのに......残念....。」
住職には事情を話したはずなのに.なぜ?。
「だから住職、この姿見は.....」
「わかってるよ」
「だって今...残念だねとかまだ使えるのにとかって奥さんが言うんで」
「うちのやつはここには来てないよ」
「えっ?だって今ここで....」
その時、ガラガラっと入り口が開くと、住職の奥さんがお茶を持ってきてくれました。
「あら、Rinsukeさんお久しぶりですね。今日は奥様もご一緒?」

「住職.....さっきそこに居た人は?確かに奥さんだったんですけど....」
「いや、それはこの姿見に住んでいた女性だよ。」

姿見を処分してから、僕らの生活は元に戻りました。
浴室のすりガラスにも、消したテレビの画面にも、寝ている足元にも、もうその女性が現れることはなくなりました。

これ、僕の妻にとって初めての霊体験となったようです。

あなたの家の姿見、いえいえ鏡の向きは大丈夫ですか?









怖いお話し.........第2話と第3話です。

皆様おまちかねの怖いお話しの第2話をお届けです。
前回の番外編がかなりインパクトがあったみたいで.......今回は怖いというよりも、ちょっとポロリとする話し、そんな体験談です。

第2話「おかえりなさい!」

この話しは、今から9年前の夏の出来事です。
当時滝川市に住んでいた僕ですが、職場は20分ほど車を走らせた実家のある赤平市にあります。いつものように出社し、いつものように仕事をはじめました。
お客さんのところへ納品と打ち合わせに出かけようと、事務所を出たその時です。
「お~い」
一瞬呼ばれたような気がしました。
「お~い」
やっぱり呼ばれてる。こんな事は今始まったことではなく、日常茶飯事な出来事でしたから、別に気に留めるわけでもなく「またかよ.....」とそんな感じで終わっていました。
その日の仕事が終わり、帰宅したのは午後9時頃。当時妻は滝川から旭川へ仕事に通っていて、その日はたまたま妻が実家に帰ってましたから、その日は当然真っ暗な我が家に独りで帰ったわけです。

玄関を入ると、いつものようにお香の匂いが出迎えてくれます。結構妻と僕はお香の匂いが好きで、アジアン雑貨屋にいくたびに色々な香りのお香を買ってはアロマ感覚を楽しんでいました。ところが..........いつもの匂いと違う........窓からの薄明かりで茶の間が煙っているのもわかる。
「あれ?これって線香の匂いだよなぁ.....誰か今線香に火をつけたみたいだし。」
あわてて茶の間の明かりをつけました。
しかし、茶の間もどこも煙ってはいません。
「もしかして...........」
「ピンポ~ン」チャイムがなりました。
「町内会費かな?」と玄関のドアを開けたのですが、誰の姿もありません。
「あっ!」僕には誰が来たのか薄々わかってはいました。
茶の間に戻ると「ピンポ~ン」とまたチャイムです。
僕は静かに言いました「おかえりなさい!」
するとまた部屋の中に線香の匂いがしてきます。
そして...「フン~♪フフン♪」と鼻歌のような歌声がかすかに聞こえ、部屋の中を歩きまわりだしました。「あっ、この鼻歌.....リンゴの歌だ。」

僕は静かに携帯を取り出し電話をかけました。もちろん妻にです。
「もしもし?俺だけど.....おじいちゃん、苦しまないで逝ったね。」
「えっ?今電話しようと思ってたの。何故知ってるの?....あれっ?今誰かと一緒?」
「えっ?そうなんだ、今俺のそばに来てるから...おじいちゃん」
電話を切ると同時に、花歌も歩き回る音も、線香の匂いも全て消えました。

そう、その日妻は祖父(僕には義理の祖父)の危篤のために実家に帰っていました。
そしてその日、静かに祖父が息をひきとったのでした。
ノモンハンでの出来事、大好きな模型の話し等、僕も祖父とは良く話しをしては可愛がってもらいました。本当に優しい祖父でした。歌も好きで、いつも「リンゴの歌」を鼻歌で歌ってたのです。

最後に僕に会うため、いつものように鼻歌をうたいながら遊びに帰ってきたのでしょう。
電話で妻と話していたとき、妻にも鼻歌が聞こえていたそうです。

妻の祖父が亡くなる前年には妻の祖母が亡くなったのですが、その時も祖母が帰って来た体験をしているんです。夜中の出来事で、これは僕しか体験しなかったのですが。
「いつでも帰っておいで」祖母のときも祖父のときもそう語りかけました。

そう思ったことが、実は大きな間違いだったと気づきもせずに.............。

怖いお話し第2話に行く前に.........。

第2話に行く前に、今回はちょっとだけこんなお話しを。

7月4日に緊急例会があったのですが、この企画をお話しすると.....ROCO大魔王さん、企画を知っているだけあってビビッテましたねぇ(笑)。ノ-ズア-トのSAI藤さんとPhoo熊谷さんは楽しそうでしたが。SAI藤さんは「俺も幽霊見た事あるぞ!」と興奮してましたっけ。

番外編....その①

私は仕事上で結構出張に出かけることが多いんです。
最近はこの不景気のあおりで「経費削減!」と出張の機会は減りましたけどね。
このお話しは一昨年に出張へ行ったときの事です。

仕事の関係で名古屋方面の出張が多いのですが、その時はたまたまですが帰りに大阪へ立ち寄って輸出入の業者に挨拶へ行く事になったんです。私自身、上海にある工場も担当してますので。名古屋での仕事が終わりそのまま大阪へ向かいました。18時頃大阪に着いた私は、そのまま一旦ホテルにチェックインし、夕食へと街へでかけました。
適当にその辺でお好み焼きやもんじゃなどで空腹を満たし、帰り道のコンビニで「今日の自分へのご褒美だ」とビ-ルを2缶買ってホテルへ帰りました。
私の宿泊するホテルというのもちょっとレトロな感じのビジネスホテルだったのですが、かといって古い!というわけでもない、小奇麗程度な感じのホテルでした。

シャワ-を浴びて、テレビを見ながら乾杯!
流石に仕事の後のビ-ルは美味い!

ビ-ルもなくなったのでテレビを消し、ソファに座り模型誌を読んでました。結構出張には趣味の本を持って行くんです。
静まりかえった部屋の中、ベッドに面した壁の向こうの部屋からイビキと思われる音が聞こえてます。そのうち、何だかそれとは違う音が壁の向こうから聞こえてきたんです。
「ウオォォン........トンッ........」
時間は午後11時頃...だったかな?最初は気にもしなかったのですが。
そのうちウトウトしてきはじめ、一瞬ですが夢を見たような.....しかし、誰かの話し声か何かで目が覚めたような気がしたんです。
「何か変だなァ...」直感でそう思いました。
部屋の中の臭いが変わってきたんです。タバコの臭いではない変な臭いに。それと窓の付近がどうも気になる。思いきってカ-テンを開けたのですが、当然何もありませんでした。でもやっぱり気になるんです。
「ちょっと撮ってみるかなぁ.....」
荷物からデジカメを取り出しました。仕事等で使うことがありますからいつも持ち歩くのですが、さっからの変な音、気になる窓、部屋の中。普段は絶対にやらないのですが、試しに撮ってみようかと部屋の中を撮影しはじめました。
何かを期待したんでしょうねぇ。
「やっぱ気のせいかなぁ。」
撮った画像をチェックしても特に変わったところはありませんでした。その時までは.........。

翌日最終便で北海道へ戻った私は.....デジカメのことは忘れていました。
ほぼ夜中に帰宅し、シャワ-を浴びて「明日は休日かぁ」とお疲れの乾杯を妻としながら、大阪や名古屋の話題、お土産屋巡りの話しなどいつも通りの会話をしていました。
「そうそう、大阪でくいだおれ太郎の写真とグリコの写真撮ってきたんだ。」
とデジカメを撮りだし、テレビにつなげて撮って来た画像を妻と見ていました。
名古屋のセントレア、駅、訪問先の企業の敷地内にあるミュ-ジアム。
妻が見ている間、私は外にタバコを吸いに出てました(家の中は禁煙なので.....)。
家の中に戻り、妻と話しをしているうちに...........。
「ねぇ、1人で行ったんだよねぇ」
「そうだけど、どうして?」
「ホテルの部屋の写真があったんだけど、誰かと一緒じゃなかったの?」
「いや、俺1人だったけど」
「そうなの。だけど.....誰かと一緒に部屋にいたって感じだったから。」
私はその画像をもう一度妻と確認しました。
薄明るい部屋、古い洒落たイス。飲んだビ-ルの缶にテレビ。ホテルの部屋の画像です。ホテルでその画像を見た時には、変なところは何もないと思ってました。
「ここよ、ここ。ここに誰か写ってない?」

確かに誰かが一緒にいるのか?そんなたたずまいの影が、そおぉっと私を見ている。そんな感じのする画像でした。

そういえばあの時、部屋の中の臭いが一瞬にして生臭いようなカビ臭いような、そんな臭いに変わったのを思い出しました。そしてあの変な音。気になった窓。全てはこれだったのかなぁ。そう感じながら画像を見ていました。

その画像、見てみたいですか?

そんなに怖い画像ではありませんが、この画像をどう感じ取るか......全ては皆さんにお任せいたします。





sinrei1.jpg



番外編....その②

私自身、趣味に釣りがあります。
特に海へ出かけることが多いのですが、数年前に友人達と某所へ海釣りにでかけた時のことです。海岸で投げ釣りをしながら焼肉!そんな海水浴気分でのんびりしていました。
友人の1人は子供同伴で来ていましたから、砂浜でおおはしゃぎしながら遊んでいます。
でも、私自身その場所はあまり好きではなかったんです。
少し入り江になったような場所だったのですが、何となく海の水の臭いが気になったりしていました。友人達は気にしていなかったようですが。

記念写真にとデジカメで画像を撮っていました。釣った魚、釣ってる最中の自分、友人達、友人と子供。

帰宅後に早速プリントショップへ行き、撮った画像のプリントをお願いしたんです。
しかし、友人と子供達を撮った画像だけプリントされていません。
「忘れたかな?」と思い、再度お願いしましたが、やはりその画像だけプリントされていませんでした。結構ズ-ムで撮影したのですが、手ぶれか何かでダメなんだろう....そう思っていました。
ショップのお兄さんも「さぁ......全てご注文どおりのはずですが.....」
が、プリントショップに渡したメモリ-カ-ドの中には、あったはずのその画像だけ無くなっているんです。たまたまパソコンのハ-ドディスクにコピ-していましたので、先に友人へメ-ルに添付して送ったのですが..........。
友人から思いもよらない内容の電話が届いたんです。
「なぁ、お前だけに言うけどさ。あの時子供達が変なこと行ってたんだ」
「なんて?」
「知らないオバチャンがこっちに来るとか何とかって。」
「で?」
「お前からもらった写真、あれっておふざけだよな。」
「ごめんごめん、黙って撮ったんだ。ごめんな。」
「いやいや、そうじゃなくてさ。お前、あれ撮った時にさ、俺と子供達の他に誰かいた?」
「いや。お前ら3人だけ.....なんで?」
「お前、画像ちゃんと見てみなよ.....」

んっ??友人がそんな電話をくれたってことは......あの画像、手ブレしてないんだよな。
じゃぁ、何故その画像だけプリントしてくれなかったんだろ.....カ-ドからも消えてたし。

そう思い、その画像を再度チェックしてみたんです。

その問題の画像がこれです。
(注)見たくない方はここでブラウザを閉じてください。












1.jpg

怖い話しの第1話です!

怖い話しには色々とありますねぇ。本当に怖い!とか、ちょっと泣けてくるみたいな不思議な話しとか。今回第1話としてお話しするのは、僕Rinsukeが色々と体験することのきっかけとなった、初めての体験話しです。今でもはっきりと覚えてますが、ちょっと悲しいお話しかな。

第1話「お兄ちゃん....あそぼ」

僕が小学校4年生の頃だったかなぁ。
僕の卒業した小学校というのは、僕の母親も卒業したという第2次大戦前からあった古い校舎でした。今でもはっきりと覚えてるのですが、僕の友人にN君という幼稚園のころからの親友がいたんです。
僕には弟がいるのですが、僕が小学4年生の頃には弟が入学してきたんですが、そのN君にも幼稚園に通う弟がいました。いつもキャッチボ-ルなどをしながら遊んでましたから、N君の弟も「Rinsuke兄ちゃん!」とまとわりついてくる可愛い少年でした。
しかし、彼には産まれ持ってきた持病があったんです。心臓に持病を抱えてましたから、遊ぶにしてもそんなに無理はさせられないという.....。
ある日、N君の弟が入院をしたという知らせを聞いていました。

僕の小学校では理科室で「調理実習」という授業がありました。ただ、ご飯を炊いて、味噌汁を作るというだけのものでしたが、それが楽しくて楽しくて。
ある日の調理実習の日、授業に出ていた僕は、いつものようにN君と同じ班になって味噌汁作りをしてました。

その時.......

「Rinsuke君、弟さんがきてるわよ」と先生。
僕の弟が教室の前に立っていました。何だか泣きそうになりながら。
「兄ちゃん、習字の道具忘れてきちゃったんだ」
「なんだよ.....じゃぁ兄ちゃんの貸してあげるからおいで!」
僕は弟を連れて一旦自分の教室に戻りました。
古い木造の階段をあがり、2階にある教室へ。
習字の道具を弟に手渡すと「お母さんに内緒だよ」と苦笑いしながら
弟は自分の教室へ戻っていきました。

「さて、僕も戻って味噌汁作りだ!」

とその時..............。

「パンパン!パンパンパン!」
と、誰かが教室の窓を叩いているんです。
振り向くと、誰もいません。

「パンパンパン!カラカラ.....パン!」
今度は窓を叩き、思いっきり開ける音が........。
「えっ?」
そう思いまた振り向くと、窓の外に男の子が立っているんです。
良く見ると、N君の弟だっていうことが分かりました。

「あれぇ?もう治ったの?もう外で遊べるの?」僕は問いかけました。
「うん、お兄ちゃん......あそぼ」
「でも学校だから、終わったら遊ぼう!」
「ねぇ、はやくあそぼうよ」
「じゃぁ、今ちょっとだけそこにいくから待ってて!」
そう言いいながら窓から教室の外に出ようとした時です。
「あれっ?」何だか凄く怖い!外に出てはいけない!そんな気分になったんです。
それもそのはず。僕の教室は2階ですから..........。
N君の弟の姿は、その時にはもうありませんでした。

僕は「ウワァァッ!」と叫びながら、急いで理科室へ走り帰りました。
理科室に戻ると、なぜか楽しいはずの授業なのに、皆「し~んっ」と静まり返ってるんです。
そして、親友のN君の姿がそこにはない。

その時先生からは「N君の弟さんが、今から20分前に天国へ行きましたよ。」

「えっ?今教室に来てたよ........来てたのに.....あれは誰?」
そう思いながら、僕は最後まで教室でN君の弟に会った話しは誰にもできませんでした。
しかも怖かったはずなのに、涙があふれて泣いている自分に気がつきました。

最後に遊びたくて来たんでしょうか。
本当にこの話しは今でもはっきりと覚えてます。

しかしこの体験が、後々に怖くて恐ろしい体験をする引き金になったことは........
まだ自分自身気がついていませんでした。
リンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。